FXのB-bookとは?A-bookとどっちがおすすめ?それぞれの特徴を徹底解説

FXの注文方法にはB-bookとA-bookの2種類あります。

FX業者によって注文方式が異なるのでこの記事を読んでどちらの注文方法が自分のトレード手法に適しているか考えてみましょう。

A-book方式で透明性の高い取引をするならFXGT.com!

新規口座開設ボーナスで、ノーリスクでFX取引が始められます。

130種類以上の取り扱いペア
豪華なボーナスキャンペーンでお得にFX取引
MT4・MT5どちらも利用可能
最大1000倍のレバレッジで少額から大きな利益を出すことが可能

安心のゼロカットシステムで入金額以上の損失
金融ライセンス取得済み
日本語でのサポート体制が充実

>>>今なら新規口座開設後、本人確認完了するだけで15,000円ボーナスがもらえます<<<

ボーナスを受け取る

FXのB-bookとは

FXのB-bookとは

B-bookという注文方法を採用しているFX業者では、DD方式で取引が行われます。

DD方式は「Dealing Desk」の略で、トレーダーがFX業者を仲介してトレードを行う取引方法です。証券会社や銀行などの金融機関だけが参加できるインターバンク市場に、FX業者がトレーダーの注文を伝えます。

FX B-bookとは

 

FX業者がトレーダーの注文を整理するため、スプレッドが固定され低くなりやすいことが特徴です。しかし、価格が急変すると注文が処理されなかったりすることがあるので注意が必要です。

>>>今なら新規口座開設後、本人確認完了するだけで15,000円ボーナスがもらえます<<<

ボーナスを受け取る

FXのA-bookとは

FX A-bookとは

A-bookという注文方法を採用しているFX業者では、NDD方式で取引が行われます。

NDD方式とは、インターバンク市場にトレーダーからの注文が直接伝えられる取引方法です。トレーダーはFX業者のシステムを用いてインターバンク市場に直接アクセスすることが可能で、FX業者とトレーダー間のみで金銭の取引が行われます。

FX A-bookとは

 

FX業者は注文をそのままの内容でインターバンク市場に流すため、スプレッドの調整は望むことができません。

>>>今なら新規口座開設後、本人確認完了するだけで15,000円ボーナスがもらえます<<<

ボーナスを受け取る

B-bookとA-bookの違い

FX  B-book A-book 比較

ここからは、B-bookとA-bookのメリットやデメリットについて詳しく解説します。B-bookとA-bookの大きな違いは、以下の2点です。

B-bookとA-bookの違い

  1. スプレッドの違い
  2. 透明性の違い

スプレッドの違い

スプレッドとは、買値と売値の価格差のことをいいます。

例えば米ドル円ペアで、買値が113.9円・売値が113.8円とすると、0.1円が価格差となりスプレッドは0.1と表されます。このスプレッドは実質的な手数料となるので、なるべく抑えたいコストとなります。

参照元:FXGTのスプレッド一覧と他社比較

FX スプレッドとは

B-bookとA-bookでは、FX業者を仲介するかしないかによって、トレーダーに提示されるスプレッドの値に違いがあります。

FX A-book B-book スプレッド 違い

B-bookの取引ではインターバンク市場の状況に関わらずFX業者とトレーダー間のみで取引を行うため、スプレッドが狭く提示されます。狭いスプレッドに加えて取引の手数料もかからないため、B-bookを採用しているFX業者での取引は利益を得やすい環境になっています。

一方A-bookの取引ではトレーダーが直接インターバンク市場と取引を行うため、システムのみを利用されるFX業者はインターバンク市場の状況を踏まえたスプレッドを掲示します。その結果、B-bookよりもスプレッドが高くなる傾向があります

透明性の違い

透明性とはトレーダーの注文がどのように執行されたかの明確性を表す言葉で、B-bookとA-bookでは透明性に大きな違いがあります。

B-bookの取引ではFX業者を仲介するため、市場の流動性の低さや価格変動の激しさによってはFX業者に注文が約定されず、リクオートという状況になってしまう可能性があります。

リクオートとは…注文した際の価格で約定されずに、FX業者から別の価格での約定を掲示されること

リクオートが起こると、トレーダーの希望価格よりも不利な価格がFX業者から掲示されてしまうことがあるため注意が必要です。

FX 透明性 A-book B-book

取引のリスクをFX業者が負う代わりに、リクオートの危険性がある・FX業者がトレーダーに不利な状況をつくれるという点で、B-bookの透明性は低いといえます。

その一方A-bookではFX業者を仲介しないため、FX業者に不正なことをされるという心配がありません。トレーダーの注文が直接インターバンク市場で約定されるので透明性が高く、注文が正しく執行されているという安心感を持つことができます。

>>>今なら新規口座開設後、本人確認完了するだけで15,000円ボーナスがもらえます<<<

ボーナスを受け取る

B-bookがおすすめな人

FX B-book  おすすめB-bookがおすすめな人は、FX業者を仲介してできるだけ狭いスプレッドで手数料のかからない取引を行いたい人です。

FX業者を仲介して注文を行うことは透明性が低いというデメリットもありますが、全体的な取引のコストを抑えられるという点で、利益を得やすい環境であるでしょう。

FX B-bookがおすすめな人

インターバンク市場ではなくFX業者とのみの取引であるため、成行注文でトレーダーの希望レートと実際の執行レートに乖離が生まれる可能性のあるA-bookのような心配もありません。

A-bookがおすすめな人

FX A-book おすすめ

A-bookはFX業者を介さないため、注文の差し戻しのない自由なトレードを行いたい方におすすめです。意図的なレート操作などの心配をする必要がない、透明性の高い取引を行えることが特徴です。

B-bookと比べてA-bookはスプレッドが広いため、手数料負けにさえ注意をすれば、安心した取引を行うことが可能ですよ。

FX A-book おすすめな人

スプレッドが広く手数料が高くても、倒産リスクや不正操作がない安心性を優先するトレーダーがA-bookでの取引に向いてるでしょう。A-bookは注文の差し戻しがないため、ハイレバレッジでの取引の注文などをどうしても滑らせたくないトレーダーにもおすすめできます。

>>>今なら新規口座開設後、本人確認完了するだけで15,000円ボーナスがもらえます<<<

ボーナスを受け取る

B-bookとA-bookの違いを正しく理解しよう

B-bookとA-bookの違いを正しく理解することはできましたか。B-bookとA-bookはどちらもFXの注文方法のことで、それぞれにメリットとデメリットがあります。

B-bookはトレーダーとFX業者の取引で、狭いスプレッドで利益を得やすい環境が特徴です。A-bookはトレーダーとインターバンク市場との取引で、透明性の高さが大きなメリットです。両社の違いを理解して、自分のトレードスタイルに合った注文方法を見つけてください。

海外FXを利用するのがでFXの信頼性に対して不安があるという方には、FX業者に不正をされる心配のないA-bookでの取引をおすすめします。A-book方式を採用しているFXGTでは、口座開設ボーナスを受け取りノーリスクでFXを始めることが可能なので、初心者の方にもピッタリです。

A-book方式で透明性の高い取引をするならFXGT.com!

新規口座開設ボーナスで、ノーリスクでFX取引が始められます。

130種類以上の取り扱いペア
豪華なボーナスキャンペーンでお得にFX取引
MT4・MT5どちらも利用可能
最大1000倍のレバレッジで少額から大きな利益を出すことが可能

安心のゼロカットシステムで入金額以上の損失
金融ライセンス取得済み
日本語でのサポート体制が充実

>>>今なら新規口座開設後、本人確認完了するだけで15,000円ボーナスがもらえます<<<

ボーナスを受け取る

 




監修:FXGT.com


FXGT.com公式メディアは、FXGT.comの運営会社「360 Degrees Markets Ltd」によって運営されています。当サイトでは、FXGT.comを利用されている方、FXGT.comの利用を検討されている方向けに、FXGT.comの使い方・ボーナス情報・取引条件などについて、わかりやすく解説しています。FXGT.com公式TwitterLINEInstgramTelegramも絶賛活動中です。

<FXGT.com公式SNSで最新情報をチェック!!>

<FXGT.comを詳しく知りたい方へ>

FXGT.com公式サイトはこちら