ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / Crypto News Catchup – ビットコインは4回目の半減期イベントを成功裏に終え、マイナーの報酬を1ブロックあたり6.25BTCから3.125BTCに減らした。
23 4月 2024 | FXGT.com

Crypto News Catchup – ビットコインは4回目の半減期イベントを成功裏に終え、マイナーの報酬を1ブロックあたり6.25BTCから3.125BTCに減らした。

  • ビットコインが84万ブロック目に到達したことで、マイナーの報酬を1ブロックあたり6.25BTCから3.125BTCに減らす、4回目の半減期イベントが成功裏に完了した。このイベントは21万ブロックごと、つまり約4年ごとに発生し、ビットコインの希少性を管理し、インフレを規制することを目的としている。仮想通貨コミュニティは現在、これがビットコイン価格にどのような影響を与えるかを注視しており、大幅な上昇を予想する向きもある。

  • 最近のビットコイン半減期イベントにおいて、ユーザーは1つのブロックに240万ドルという記録的な手数料を支払った。このプロトコルはビットコインネットワーク上でトークンの作成を可能にするもので、ユーザーは希少なデジタル資産を刻んだりエッチングしたりするために殺到し、ビットコインブロックの史上最高手数料に貢献。また、半減期によりマイナーの報酬が大幅に減少し、取引手数料の相対的な重要性が増加した。

  • 最近のビットコインの半減期は、ETFにおける1週間の連続流出に終止符を打ち、半減期直前に合計3040万ドルの流入を記録した。これは主に、Grayscale Bitcoin Trust ETFとFidelity Wise Origin Bitcoin Fundからの大幅な資金流出に対抗して、承認された10本のETFのうち5本でプラスの資金流入があったことによる。ETF投資の増加は、半減期後のビットコインの市場価値に対する投資家の信頼が高まっていることを示している。

  • UK Financeは、銀行決済とデジタル資産の統合を合理化するための共有台帳パイロットを進めている。参加者には、Barclays、Citigroup、主要カードネットワークが含まれ、トークン化された預金と証券の商業システムの開発を目指している。このパイロットは、商業的採用の前に2~3年間技術をテストするもので、トークン化された銀行マネーを実験するフィンテック・スタートアップも参加している。結果は8月までに出る見込みであり、より広範な参加は7月から始まる。

  • TelegramはTronネットワーク上のテザー(USDT)決済を統合し、ユーザーが取引手数料なしで直接ステーブルコインを送り合うことを可能にした。この機能は、メッセージング・プラットフォームの既存の暗号機能に追加され、ビットコインやオープン・ネットワーク・トークンと並ぶ仮想通貨取引のための実用性を高めている。この動きは、2018年の最初のブロックチェーンへの取り組み以来、Telegramの暗号通貨への幅広い関与の一部である。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.