ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / Crypto News Catchup – ビットコインの1日の取引量が新たなピークに達する
30 4月 2024 | FXGT.com

Crypto News Catchup – ビットコインの1日の取引量が新たなピークに達する

  • BlackRockのビットコインETFであるIBITは、4月24日に1月のローンチ以来、初めて1日の資金流入がゼロを記録した。他の米国登録のビットコインETFも最小限の資金流入にとどまり、FidelityのFBTCとARKのARKBだけが活発な動きを見せたことから、これは大きな変化を示している。このセクターでは、特にグGrayscale Bitcoin Trust ETFからの純流出が続いている。

  • BlackRockとGrayscaleは、SECの遅延を受けてイーサリアムETFの申請を更新。BlackRockの調整にはETF株式の現物ベースのメカニズムが含まれ、Grayscaleはイーサリアム信託のETFへの転換申請を修正し、ミニイーサリアムETFを提案した。これらの変更は、仮想通貨ベースの投資商品に対するSECの規制枠組みに合わせることを目的としている。

  • 香港は4月30日に初のビットコインとイーサの現物ETFを開始する。これらのETFは、中国の大手企業3社が香港の子会社を通じて導入したもので、現物償還が可能な点で、米国の現物ETFとは異なる。この発売により、仮想通貨の可視性が高まり、規制された投資ビークルへの統合が進むと期待されている。

  • CircleのUSDコイン(USDC)は、Visaが報告したように、取引量でTetherのUSDTを上回った。4月、USDCはUSDTの1億6360万トランザクションに対し、1億6660万トランザクションを処理した。しかし、TetherはUSDCの資本金を大幅に上回り、より大きな市場シェアを維持している。

  • ビットコインの1日の取引は926,842件と新たなピークに達したが、これはアクティビティの68%を占めるルーンプロトコルの採用によるところが大きい。この急増は、最近のビットコイン半減期と、ビットコインネットワーク上でのトークン発行を可能にするBitcoin Runesの導入と重なった。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.