ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / Crypto News Catchup – BlackRockのビットコインETFは世界最大のビットコインファンドになった
4 6月 2024 | FXGT.com

Crypto News Catchup – BlackRockのビットコインETFは世界最大のビットコインファンドになった

  • BlackRockのビットコインETFは世界最大のビットコインファンドとなり、資産総額は156億ドルに達した。これまで首位だったGrayscale Bitcoin Trust(GBTC)を抜いた。この著しい成長は、ビットコイン投資に対する機関投資家の関心と信頼の高まりを反映しており、BlackRockをデジタル資産分野における主要プレーヤーとして位置づけている。
  • BlackRockは、イーサリアムの現物ETF申請を修正し、SECによる承認の可能性に向けた進展を示唆した。この修正は規制要件に沿ったもので、ETFの構造を強化し、承認の可能性を高めることを目的としている。
  • 5月23日に米国でイーサリアムの現物ETFが承認されて以来、30億ドル以上のイーサリアムが中央集中型取引所から引き揚げられ、潜在的な供給の逼迫を示している。取引所におけるイーサリアムの量は約79万7,000ドル減少し、総供給量のわずか10.6%というここ数年で最低の水準に達した。
  • バイデン大統領は、SECの暗号会計規則を覆そうとする議会の試みに拒否権を発動した。この動きは、暗号通貨に対するSECの現在の規制アプローチを支持するもので、暗号通貨市場の厳格な監視を維持するという政権のコミットメントを強調するものである。今回の拒否権発動により、SECはデジタル資産を規制する権限を維持し、投資家の保護と市場の安定を目指す。
  • ナイブ・ブケレ氏がエルサルバドル大統領に再任された。彼はビットコインの強力な支持者であり続け、金融包摂と経済成長を強化するためにビットコインの統合を推進している。ブケレ政権はビットコインを法定通貨とし、国際的な反応はさまざまだが、エルサルバドルを暗号通貨導入のリーダーとして位置づけている。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.