ホーム / ブログ / カテゴリー / テクニカル分析 / EUR/GBP、重要なECB理事会を前に0.85ポンドのサポートレベルに挑戦中
29 5月 2024 | FXGT.com

EUR/GBP、重要なECB理事会を前に0.85ポンドのサポートレベルに挑戦中

圧力下のEUR/GBP過去2週間、EUR/GBPは5月10日につけた高値0.8620ポンドから下落し、安値0.85ポンドを割り込んだ。ECB の利下げが間近に迫っているとの観測と、英国のインフレ率上昇 がBOEの利下げ観測を後退させていることとは対照的に、金利差が拡大し、同 ペアに下落圧力がかかると予想される。

ECBの利下げ期待:市場は、ECBが来週25ベーシスポイントの利下げを実施し、7月に追加利下げは行われないと予想している。ユーロ圏のコアインフレ率は米英よりも急速に低下しており、ECBの利下げを後押ししている。

英国のインフレデータ:最近の消費者物価指数(CPI)が予想を上回ったことから、英 国のインフレ圧力が依然として底堅いことが示唆され、BOEの利下げ の可能性が先送りされた。

0.85ポンドの重要なサポート:0.85ポンド水準は、過去2年間に確立された長期レンジの下限を示す重要な水準である。このレベルは2023年8月に最後に試され、拒否されたもので、市場力学において重要な役割を果たしている。

短期的な抵抗レベル:相場は安値0.8490ポンドと高値0.8530ポンドの間で横ばいのレンジを形成しており、0.8520ポンドが短期的な中間レジスタンスとなっている。0.8530ポンドレベルは中期的に下降モメンタムを守っており、このしきい値を下回る間は弱気圧力が続くと予想される。

弱気トレンド:日足では弱気トレンドが強く、0.85ポンドのサポートレベルを割り込んだことは、トレンドの継続を示唆しており、このレベルに挑戦するにつれてボラティリティの上昇が予想される。相場が重要な0.85ポンドのサポートレベルを下回る限り、下落は加速し、2年ぶりの安値を更新することが予想される。リトレースメントを経て日足終値が0.85ポンドを上回れば、下落の勢いが弱まり、短期的な再評価が促される。

強気反転の可能性:0.85ポンドのサポートレベルの重要性を考えると、強気反転の可能性がある。0.8520ポンドの短期レジスタンスを上抜けると、センチメントの変化を示す可能性があり、0.8530ポンドを上抜けると、短期的な反転がより決定的になる。

ユーロ圏のインフレデータ:金曜日に発表されるインフレデータは、ECBの政策に対する市場の期待を形成する上で極めて重要である。インフレ率が軟化すれば、早期利下げ観測が強まる可能性がある。しかし、インフレ率が上方修正されるようなサプライズがあれば、利下げが遅れる可能性がある。

市場の期待:トレーダーは、ECBの予想される政策変更とユーロ圏および英国の今後のインフレデータに基づく潜在的な市場調整に備える必要がある。これらの要因は、当面のEUR/GBP相場を形成する上で極めて重要である。

EURGBP 1時間足チャート

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.