ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 日銀理事が利上げの可能性を示唆し円高に
30 5月 2024 | FXGT.com

日銀理事が利上げの可能性を示唆し円高に

日銀の発言を受けて日本円が上昇:日本銀行(日銀)の安達誠司審議委員の発言を受けて、日本円は上昇した。安達審議委員は、円安がインフレ率上昇につながれば利上げを支持する考えを示し、長期債の利回りが市場のシグナルを正確に反映できるよう、国債購入額を段階的に減らしていくことを強調した。

日本円が上昇:日本円は上昇し、USD/JPYは1ドル=157円の大台を割り込んだ。リスク資産の幅広い売りが安全資産買いに拍車をかけ、円は4週間ぶりの安値から反発した。円はまた、国内利回りの上昇からも支援され、日本のベンチマークである10年債利回りは今週、2011年7月以来の高水準となる1.1%を記録した。

市場の反応と期待:トレーダーは日銀の追加利上げ観測を強めた。現在は、全国の物価動向を示す重要な指標とされる、金曜日に発表される東京のインフレ率に注目が集まっている。

ドル高による圧力:米金利が長期にわたって高止まりするとの見方が強まる中、円は最近の上昇にもかかわらず、ドル高と米国債利回りの高さから圧力を受けている。

米連銀のタカ派発言と米ドル高:ニール・カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁が利上げの可能性について発言したことで、日米の利回り格差が拡大し、利上げ懸念が高まった。米国債利回りが上昇したため、米ドルは強含みとなった。これは、本日後半に発表される米GDPと、明日発表されるコアPCE価格指数を控えてリスク回避姿勢が強まったため。

FRB金利への期待:米連邦準備制度理事会(FRB)の年内利下げ観測は、最近の消費者心理の好転を背景にインフレが持続する中、低下している。トレーダーは現在、9月会合終了までに4分の1ポイントの利下げが実施される確率は50%と見ている。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.