ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 石油輸出国機構(OPEC+)の来年への減産延長により、原油価格は堅調に推移
3 6月 2024 | FXGT.com

石油輸出国機構(OPEC+)の来年への減産延長により、原油価格は堅調に推移

OPEC+の減産延長を受け、原油価格は堅調に推移:OPEC+がすべての減産を来年まで延長することを決定した一方、一部の減産については段階的に廃止する方針を示したことから、原油価格は堅調に推移した。この動きは、需要の伸び、高金利、米国の増産を考慮し、市場を安定させることを目的としている。

現在の減産と延長された減産:OPEC+は世界需要の約5.7%にあたる一日当たり586万バレルの減産を実施中。これには、2025年末まで延長される一日当たり366万バレルと、2024年9月までの8加盟国による一日当たり220万バレルが含まれる。一日当たり220万バレルの削減は、2024年10月から2025年9月まで段階的に実施される。

2025年の生産割当量:2025年の生産割当量は、一日当たり30万バレルの追加割当を受けたアラブ首長国連邦(UAE)を除き、ほぼ変更なし。アラブ首長国連邦は今年最初の9か月間にわたり、徐々に生産量を引き上げる予定である。

経済への懸念:原油価格は、米連邦準備制度理事会(FRB)が高金利を維持し、経済成長を減速させ、石油需要を減少させる可能性があるとの懸念から圧力を受けている。4月に物価上昇圧力が緩和したにもかかわらず、FRBは利下げを示唆せず、インフレ目標の達成にはまだ時間がかかることを示唆している。中国の需要伸び悩みや先進国の石油在庫増加に対する懸念も、価格の重荷となっている。

地政学的な動き:先週、米国が3段階計画を発表したことを受け、ガザ停戦への期待も原油価格の上昇を抑えている。イスラエルのネタニヤフ首相は日曜日に、ジョー・バイデン米大統領のガザ停戦提案を受け入れた。投資家は、リスクの高まりが原油価格を押し上げる可能性があるため、こうした地政学的緊張を注視している。

今後のデータ:今週は経済指標の発表が目白押し。主なイベントは金曜の米雇用統計で、トレーダーは米経済の現状を知る手がかりを得るため、その内容を精査する。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.