ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 米ドル、GDP改定値を受けて下落、PCEデータへの注視が続く
30 5月 2024 | FXGT.com

米ドル、GDP改定値を受けて下落、PCEデータへの注視が続く

弱いGDPとコアPCEデータで米ドルは下落:第1四半期のGDP成長率が1.6%から1.3%に下方修正されたことを受け、木曜日のアメリカ時間序盤にドルは主要通貨に対して下落し、国債利回りも低下した。

GDPと支出改定値:ヘッドラインGDPは予想を上回ったが、個人消費、民間在庫投資、連邦政府支出の下方修正が含まれた。

1四半期GDP2次予測:ヘッドラインGDPは1.6%から1.3%に下方修正。物価指数は3.1%で安定。ヘッドラインPCEは3.4%から3.3%に、コアPCEは3.7%から3.6%に低下。

週間失業保険申請件数:新規失業保険申請件数は21.6万件から21.9万件に増加、継続失業保険申請件数は予想を下回る179.1万件に微増。

今後のPCE価格への影響:PCE価格の下落は、金曜日に発表される4月のコアPCE価格指数の下方修正につながる可能性がある。4月のPCE指数は前月比0.3%上昇、前年同月比2.8%上昇と予想される。

今後の主要インフレデータ:今週の市場の注目は、金曜日に発表される米国のコア個人消費支出(PCE)価格指数である。PCE指数が予想を下回れば、歓迎すべきサプライズとなる一方、インフレ率がさらに上昇すれば、リスク選好度が低下する可能性がある。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.