ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 米国のインフレ率は予想に一致、小売売上高は停滞。
15 5月 2024 | FXGT.com

米国のインフレ率は予想に一致、小売売上高は停滞。

米国のインフレ概要:4月の消費者物価指数(CPI)で示される米国のインフレ率は前年同月比3.4%に軟化し、市場予想と一致。3月の3.5%からわずかに低下した。この調整は、消費者の価格圧力が変化し続けていることを反映している。

コアCPI分析:変動の激しい食品とエネルギーを除いたコアCPIは、前回の3.8%から3.6%に低下し、予想と一致。この鈍化は、基調的なインフレ圧力が依然として存在するものの、緩和し始めていることを示唆している。

月次CPI変動:総合CPI、コアCPIともに前月比0.3%の上昇となった。この上昇の主な要因となったのは、シェルター指数とガソリン指数であり、両指数を合わせると月次CPI上昇率全体の70%以上を占め、住宅費と燃料費がインフレ全体に与える影響の大きさを浮き彫りにした。

4月の小売売上:4月の小売売上高は横ばい(0.0%)となり、予想の0.4%増を大幅に下回った。自動車とガスを除いた売上高は0.1%減少し、今年で最も弱い結果となった。

消費者行動の洞察:予想が外れたことは、経済活動の減速の可能性を示唆している。小売売上高の停滞は、消費者が物価上昇のために買い控え、継続するインフレ圧力に対応して消費習慣を変える可能性があることも示唆している。

市場の反応:インフレ率および小売売上高の発表後、堅調なインフレ率に対する投資家の反応を反映し、市場は今後の連邦準備制度理事会(FRB)の金利動向に対する期待感を調整したため、米ドルは下落した。

連邦準備制度理事会(FRB)への期待:市場は見通しを調整し、年内の利下げ幅を従来の45bpから50bp程度に引き上げると予想した。この調整は、最近の消費者物価指数(CPI)と小売売上高の不振に基づいている。

リスク資産への影響:消費者物価指数(CPI)が予想と一致し、利下げが予想されることから、リスク心理が高まることが予想される。このような環境は、株式、暗号通貨、コモディティ系通貨などのリスク資産を選好するはずだ。

今後の経済指標:明日発表される米失業保険申請件数など、今後の経済指標によって市場の楽観論が試される可能性がある。こうしたデータに予想外の変化があれば、リスク資産に対する現在のポジティブなセンチメントに影響を与える可能性がある。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.