ホーム / ブログ / カテゴリー / テクニカル分析 / 歴史的な突破が撤退か?USD/JPYが重要な抵抗線ゾーンに接近
27 3月 2024 | FXGT.com

歴史的な突破が撤退か?USD/JPYが重要な抵抗線ゾーンに接近

  • USD/JPY、究極の抵抗線に接近: USD/JPYは急騰し、1990年代初頭以来突破されていない重要なレジスタンスである152円レベルに近づいている。この水準は歴史的に争点となっており、2022年10月と2023年11月にはUSD/JPYがこの閾値を拒否している。
  • 日本当局の介入懸念: 円相場が152円台に接近していることから、日本当局による介入の可能性が警戒されている。日本財務相の「断固とした行動」についてのコメントは、過去の円支援策の事例と同じ。
  • 日銀の警告や介入の影響: 日銀による追加の警告や直接的な介入があれば、相場の方向性に影響を与える可能性があり、重要なサポートレベルを下回れば、強気トレンドが反転する可能性がある。
  • 上昇余地のある強気トレンド: 上昇トレンドにもかかわらず、RSI指標は買われ過ぎを示唆し ておらず、更なる上昇の可能性を示唆している。152円の上値抵抗線は依然として重要なバリアであり、市場は短期的には横ばい圏にある。
  • 新高値更新の可能性: 政策変更や介入がなければ、152円突破は新高値更新の舞台となる可能性があり、153.50円が次の目標水準となる。
  • 短期サポートは151円: この水準は、直近の調整局面にて土台として機能。この水準を割り込むようなことがあれば、現在の強気モメンタムが弱まりつつあることを示し、短期的な動きを注視するトレーダーにとっては重要な局面となる。
  • USD/JPYの初期の弱まり: 同ペアは初期の弱まりの兆候を示しており、顕著なボラティリティと1時間足チャート上の大きな弱気ローソク足の出現によって強調されている。この直近の動きは、151円のサポートレベルの再テストが次の方向性の波を決定する上で極めて重要であることを示唆している。
  • 150.30円が重要な日足サポート: 日足トレンドの重要なサポートとして位置付けられている150.30円を割り込むと、市場心理の極めて重要な変化を示す可能性がある。
  • 市場と政策の微妙なバランス: USD/JPYペアを取り巻く状況は、円の価値を決定する際の市場原理と政策介入との微妙なバランスを示しており、日本当局の行動によって為替相場が大きく変動する可能性がある。

USDJPY 4時間足チャート

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。
カテゴリ
タグ
登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

Copied to clipboard
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.