ホーム / ブログ / カテゴリー / テクニカル分析 / 米経済指標がNZD/USDのボラティリティを左右
27 3月 2024 | FXGT.com

米経済指標がNZD/USDのボラティリティを左右

  • NZD/USDは下落圧力に直面: 3月上旬の0.62ドルでの抵抗線後、NZD/USDは3.5%下落し、ニュージーランド経済が2023年の最後の2四半期の縮小からテクニカルリセッションに直面していることから、再び下落傾向にあることを示している。
  • 重要なサポートを下抜け: 同ペアは、2023年11月に最後にブレイクした0.6040ドルのサポートレベルを超えて下落しており、複数の時間足において、トレンド構造が下向きに整列している。
  • 市場の調整: NZD/USDは、4カ月ぶりの安値を更新した後、重要な心理的マークである0.6000ドル付近で安定を見出そうとしている。直近の安値にもかかわらず、同ペアは売られ過ぎの領域には入っておらず、さらなる下落の可能性を示唆。
  • 0.6030ドルのレジスタンスピボット: 当面のレジスタンスは今週の高値0.6030ドルに位置しており、このレベルを下抜けた場合、弱気トレンドの継続を示唆する可能性がある。
  • 上方修正の可能性: NZD/USDが0.6030ドルのレジスタンスを超えた場合、当初0.6050ドルをターゲットとした上方修正のきっかけとなる可能性がある。 このポイントを超えて継続した場合、現在4時間足で下降トレンド構造を守っている重要な0.6100ドルのレジスタンスレベルに向かう可能性がある。
  • 0.60ドル割れの影響: 同ペアが心理的な0.60ドルのしきい値を下回る場合、4時間足チャートでブレイクアウトのスイングターゲットとして確認されている0.5940ドルに向けて下落が加速する可能性がある。
  • 今後の米経済データ: 木曜日にはGDP成長率、失業保険申請件数、金曜日にはインフレ率など、今後の米経済データの発表が注目されている。これらのデータ発表は、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策見通し、ひいてはNZD/USDのトレンドに大きな影響を与える可能性がある。
  • ボラティリティの可能性: 今後発表される米国の経済指標は、市場のボラティリティを引き起こし、市場の動きのきっかけとなる可能性がある。潜在的な市場の変化に効果的に対応するためには、これらの発表スケジュールと組み合わせて重要なレベルを監視することが不可欠である。

NZDUSD 4 Hour Chart

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。
カテゴリ
タグ
登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

Copied to clipboard
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.