ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / カナダ中銀利下げへの期待高まる
4 6月 2024 | FXGT.com

カナダ中銀利下げへの期待高まる

USD/CADは横ばい:USD/CADペアは、3日間の下落を反転させた後、注目されている。5月以来、調整パターンで取引されているにもかかわらず、火曜日には1.37ドル付近まで強含みとなった。これは、カナダと米国の製造業景況指数が低調だったことに起因する。また、カナダが米国への主要な石油輸出国であることから、原油価格の下落もカナダドルの重荷となった。

今週は重要な週となる:今週は、二つの重要な出来事がスポットライトを浴びる重要な州となる。水曜日のカナダ中銀(BoC)の政策金利決定と金曜日の米非農業部門雇用者数の発表だ。これらのイベントは両通貨の価値に大きな影響を与え、最終的には為替レートに影響を与える。

中央銀行の乖離:USD/CADが勢いを増す主な要因は、中央銀行の政策に予想される相違である。FRBは金利を据え置くと予想されている一方で、BoCは水曜日に金利を引き下げると広く予想されているため、この金融政策の違いは米ドルをカナダドルに対して強める可能性がある。

BOCの利下げが予想される:多くのエコノミストは、BoCが数年ぶりに利下げに踏み切るとの見通しを示 している。この動きは、インフレ率の低下、失業率の上昇、GDP成長率の鈍化を示す最近のデータに支えられ、減速するカナダ経済を刺激することを目的としている。投資家はBoCの決定と、6月以降の利下げに関するガイダンスに注視している。サプライズで金利据え置きが決定された場合、カナダドルは一時的に上昇する可能性があるが、将来的にさらなる利下げが実施される可能性は依然として高い。

冷え込むカナダ経済:日銀の利下げ予想は、カナダの最近の経済データに裏付けられている。コアインフレ率は大幅に低下し、ピークだった2022年の6.2%から4月には1.6%まで低下した。さらに、2024年第1四半期の経済成長率は0.4%と報告されており、金融緩和政策の恩恵を受けうる経済の冷え込みを示している。

米製造業の縮小:米製造業活動の縮小と米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ観測に圧され、米ドルはこのところほとんどの主要通貨に対して軟調に推移している。投資家は現在、米国経済の健全性に関する更なる手掛かりを得るため、水曜日の米国サービス業PMIデータを見据えている。

米雇用統計:金曜日の非農業部門雇用者数は米ドルにとって重要なデータポイントである。雇用統計が予想を上回れば、景気後退への懸念が和らぎ、FRBの利下げが遅れる可能性があるため、米ドルが上昇する可能性がある。逆に、週を通して弱いデータが相次いで発表されれば、米ドルはより大きく下落する可能性がある。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.