ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / EUR/USDが6週間ぶりの高値に上昇、米経済に減速の兆し
4 6月 2024 | FXGT.com

EUR/USDが6週間ぶりの高値に上昇、米経済に減速の兆し

EUR/USD、高値を更新:EUR/USDは、火曜日未明に1.09ドルの大台を突破し、3月以来の高水準まで上昇。これは、米国経済減速の兆候に牽引されたユーロの3日連続の上昇に続くものだ。

ISM PMIデータの影響:月曜の米ISM PMIは、製造業活動の鈍化を浮き彫りにし、米連邦準備制度理事会(FRB)の年内利下げ観測を強めた。これが米ドルに圧力をかけ、EUR/USDペアの上昇を支えた。

慎重な市場心理:上値は重いものの、木曜日の欧州中央銀行(ECB)理事会を控え、トレーダーは慎重な姿勢を崩していない。投資家は、特に5月のユーロ圏のインフレ率の上昇を考慮し、ECB当局者のガイダンスと最新の経済予測に注目している。このイベントは、EUR/USDの更なる方向性を示すきっかけとなることが予想される。

ECB金利への期待:今週のECBによる25ベーシスポイントの利下げへの期待は高い。欧州経済はGDPがほぼゼロと苦戦しており、経済活動を下支えするために利下げが実施される可能性が高い。ユーロ圏のインフレは懸念事項だが、最近の物価抑制の進展により、利下げの可能性がある。

今後のデータ発表:トレーダーは、短期的な取引機会を求めて、JOLTS求人数や工場受注など、本日の米マクロ経済指標に注目している。今週の注目は金曜日の米非農業部門雇用者数である。これらのデータは市場心理に影響を与え、経済見通しをさらに明確にする可能性がある。

FRBの政策見通し:米連邦準備制度理事会(FRB)の次回の政策金利決定会合は6月12日、消費者物価データの発表と同時に終了する。アナリストは今回の会合で政策変更はないと見ているが、FRB幹部は経済・金利見通しを更新する。FRBによる高金利政策の持続が注視されており、金曜日に発表される米雇用統計は、景気ひっ迫の兆候を示すかどうか注視される。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.