ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / AUD/USDは、小売売上高とインフレ率のデータを控え、0.66ドルの上で強気を維持
27 5月 2024 | FXGT.com

AUD/USDは、小売売上高とインフレ率のデータを控え、0.66ドルの上で強気を維持

豪ドルは0.66ドル台で安定:米国の祝日のため流動性が低い中、投資家は今週後半に発表される国内の重要な小売売上高とインフレ率のデータを待っているため、豪ドルは0.66ドル台で安定した。これらの数値は、オーストラリア準備銀行(RBA)の金融政策見通しに大きく影響する。

RBA議事録:最新のRBA議事録によると、理事会は5月に利上げを検討したが、最終的には現行政策の維持を選択した。理事会は、将来の金利変動を予測することは困難であることを認め、最近のデータからインフレ率が目標を上回る状態が長期化するリスクが高まっていると指摘した。市場では現在、12月に1回の利下げが実施される確率を35%としている。

今後のオーストラリアの経済データ:オーストラリアでは、火曜日に発表される小売売上高、水曜日に発表される月次インフレ率が重要な注目データとなっている。オーストラリア中銀は、4月の消費者物価上昇率が3.5%で安定すると予想、エコノミストは3.4%にやや緩和すると予想している。4月の小売売上高は、3月の0.4%減から回復して0.3%増と予想される。

世界的な影響:台湾海峡における中国の軍事活動や中国の半導体産業の動向など、地政学的な緊張は、貿易関係が緊密なオーストラリア市場に影響を与える可能性がある。

米経済データの影響:豪ドルは最近、堅調な米経済データとタカ派的な米連邦準備制度理事会(FRB)議事録に圧迫され、米利下げ観測が弱まっている。さらに、米国勢調査局が発表した4月の耐久財受注は0.7%増、S&Pグローバル米国総合PMIは5月に54.4まで急上昇し、堅調な経済活動を示すとともに、米連邦準備制度理事会(FRB)による即時利下げ観測を先送りした。

今後の米インフレデータ:金曜日に発表されるコア個人消費支出(PCE)価格指数は、連邦準備制度理事会(FRB)が推奨するインフレ指標であり、前月比で堅調に推移すると予想されている。4月の消費者物価上昇率の鈍化はドル安をもたらしたが、この傾向がさらに確認されれば、ドル安が続く可能性がある。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.