ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / 今週 – 米GDPとPCE価格指数
27 5月 2024 | FXGT.com

今週 – 米GDPとPCE価格指数

今後の主なイベント

  • 米国1四半期実質GDP成長率 5月30日(木曜日)15:30 (GMT+3)
  • EU インフレ率速報 5月31日(金曜日) 12:00 (GMT+3)
  • PCE価格指数  5月31日(金曜日)15:30 (GMT+3)

米国の今後の見通し:メモリアルデーの祝日のために短縮される今週は、木曜日に第1四半期実質GDP成長率確報値、金曜日に4月コアPCE価格指数が発表される。PCEが低下し、所得と支出のデータが軟化すれば、利下げ観測が復活し、ドルに影響を与える可能性がある。6月12日のFRB利上げ決定に向けて、FRB高官の発言は政策のヒントとして注目される。

ユーロ圏のインフレデータ:金曜日の5月消費者物価指数(CPI)速報値は、6月6日のECB利上げ決定にとって極めて重要である。週初めの水曜日にはドイツのCPIが発表され、ユーロ圏全体のインフレを示唆する。6月の利下げが予想されるものの、欧州のCPIに上振れのサプライズがあれば、その可能性が低下し、ユーロを下支えする可能性がある。

日本の経済指標:日本は第1四半期の景気縮小とインフレ鈍化に直面し、夏の日銀利上げに疑問を投げかけている。東京の5月の消費者物価指数、鉱工業生産、小売売上高は、市場の期待を形成し、日銀が現在のスタンスを維持するか、政策調整を検討するかを決定する上で重要なデータとなる。

オーストラリアのCPIと中国のPMI:オーストラリアの月次消費者物価指数(CPI)は水曜日に発表される。インフレが持続すれば、オーストラリアドルの回復幅が拡大する可能性がある。さらに、5月のオーストラリア小売売上高と中国PMIがオーストラリアドルに影響を与える。小売売上高が予想を下回れば、RBAの利下げを求める声が高まるかもしれない。

今週の市場で注目されている経済指標決算報告

月曜日

  • アメリカの祝日 – メモリアルデー
  • 英国の祝日 – 春の銀行休業日
  • ドイツ 5月Ifo景況感指数

火曜日

  • 英 小売売上高(前月比)
  • 米 消費者信頼感指数
  • 米 ダラス連銀製造業景気指数

水曜日

  • オーストラリア 4月消費者物価指数
  • 日本 消費者態度指数             
  • ドイツ 6月GfK消費者信頼感
  • ドイツ インフレ率  
  • 決算報告
    • Salesforce, Inc.
    • Agilent Technologies, Inc.

木曜日

  • 欧州 景況感指数
  • 欧州 4月失業率
  • 米 第1四半期実質GDP成長率 第2次予測             
  • 米 4月住宅販売成約指数
  • 決算報告
    • Costco Wholesale Corporation
    • Dell Technologies Inc.
    • Marvell Technology, Inc.
    • Veeva Systems Inc.

金曜日

  • 日本 4月失業率
  • 日本 5月東京CPI
  • 日本 4月小売業販売額
  • 中国 5月NBS製造業PMI
  • 欧州 インフレ率速報
  • カナダ 第1四半期GDP成長率
  • 米 4月PCE価格指数             
  • 米 4月個人所得
  • 米 4月個人消支出
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.