ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / 週間マーケットレポート- FRBの長期金利上昇政策
27 5月 2024 | FXGT.com

週間マーケットレポート- FRBの長期金利上昇政策

  • 米国主要株価指数の乖離路線:今週の米国主要株価指数はまちまちの結果となった。ダウは2.40%以上下落し、5週間続いた連勝が止まり、39,000ポイントまで下落した。ナスダックはNvidiaの好調な四半期決算報告に後押しされ1.34%上昇したが、S&P500種株価指数は市場各分野の思惑が交錯し、週を通して横ばいだった。
  • FRBの長期金利上昇政策:米連邦準備制度理事会(FRB)は、インフレ懸念が根強く、改善が見られないことを指摘し、「より長期的な金利上昇」スタンスを維持し、必要なら政策を引き締める用意があるとした。このため利下げ観測が後退し、9月の利下げ観測が50%まで低下し、ドルの回復を支えた。消費者心理調査は、4月の消費者物価指数(CPI)がやや緩和したにもかかわらず、インフレ懸念が高まっていることを示している。
  • 英国のインフレ率が予想を上回る:英国のインフレ率は予想を上回り、イングランド銀行の利下げ観測に影響を与えた。6月の利下げ観測が高まった欧州中央銀行とは対照的だった。インフレ圧力の持続により、イングランド銀行のスタンスはタカ派的になっている。
  • 原油価格が数か月ぶりの安値に:原油価格は、米原油在庫の増加とFRBのタカ派的なスタンスにより、経済成長と燃料需要への懸念が高まり、今週2.20%下落し、3か月ぶりに安値を更新した。今後の供給決定に影響を及ぼす可能性のある6月1日のOPEC+総会に注目が集まっている。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.