ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / イングランド銀行、将来の利下げを楽観視して金利を据え置き
9 5月 2024 | FXGT.com

イングランド銀行、将来の利下げを楽観視して金利を据え置き

  • イングランド銀行の金利決定における楽観論:イングランド銀行(BOE)は金利を5.25%に据え置いたが、最新の政策声明の基調は楽観的な方向への変化を示唆している。これは、アンドリュー・ベイリー総裁の最近の発言と一致し、英国は米国とは異なるインフレ見通しを強調しており、今後の利下げの可能性を示唆している。
  • BOE政策決定:金融政策委員会(MPC)は、スワティ・ディングラBOE政策委員とデイブ・ラムスデン副総裁が利下げを主張する中、7対2で現行金利の維持を決定し、全会一致かそれに近い形で金利据え置きが決定されると予想していた金融市場を驚かせた。
  • インフレと経済見通し:BOEはインフレ見通しを下方修正し、インフレ率は2025年第2四半期までに1.9%、さらに2026年の同時期までに1.6%まで低下すると予測。MPCは、インフレ率が持続的に目標の2%に達するまで制限的な政策スタンスを維持するとのコミットメントを強調した。
  • 市場の価格設定と期待:金融市場のトレーダーは現在、BOEの次回会合で利下げが実施される可能性は45%程度と見ており、年内に約55bpの緩和が実施されると予想している。これは、欧州中央銀行(ECB)が6月に開始するとしている、より即時的な緩和期待とは対照的である。
  • 6月会合と8月会合の戦略的意味合い:6月に利下げを実施するか8月に利下げを実施するかは、今後発表される4月のインフレ率に大きく左右される。現在のところ、8月の利下げが基本シナリオであることに変わりはないが、今後発表されるインフレ率がこのスケジュールに影響を与える可能性がある。
  • 為替と市場の見通し:政策発表後の小幅なポンド安は、予想外の投票結果に対する市場の反応と、利下げ時期をめぐる不透明感が続いていることを反映している。今後数週間は、インフレ動向や経済指標を見極めるため、BOEの利上げ決定戦略にとって極めて重要となる。
  • 今後の経済指標:3月の月次国内総生産および第1四半期の国内総生産(GDP)速報値(前四半期に縮小した後、2024年第1四半期は0.4%の成長が見込まれる)を含むイギリスの経済データに注目が集まっている。このデータは、英国の経済軌道と潜在的な景気後退の深さについてさらなる洞察を与えるだろう。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.