ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 中国のゴールド購入一時停止と米国のデータがゴールド市場に影響
8 7月 2024 | FXGT.com

中国のゴールド購入一時停止と米国のデータがゴールド市場に影響

  • 中国の6月のゴールド準備高に変化なし:日曜日に発表された公式データによると、中国人民銀行(PBoC)は6月に2か月連続でゴールド準備高を追加せず、保有量は7,280万トロイオンスと安定していた。
  • ゴールド相場は2,400ドル割れで売りを集める:新しい週は、金曜の米非農業部門雇用者数(NFP)発表後の上昇を受けて利益確定売りが出たため、ゴールド相場がやや下落する形で始まった。中国が世界最大の地金消費国であることから、中国人民銀行(PBoC)が2か月連続でゴールド購入を一時停止することを決定したことは、相場の重荷となった。しかし、米連邦準備制度理事会(FRB)が第3四半期に利下げを実施するとの観測や、フランスの政治的不透明感から、ゴールドの下値は限定的となる可能性がある。
  • 米国経済データの影響:サービス業やADP雇用統計を含む米経済指標が予想を下回り、景気減速を示唆した。6月の米非農業部門雇用者数は206,000人の増加となり、市場予想の19万人を上回ったが、5月の改定値218,000人を下回った。失業率は5月の4%から4.1%に上昇し、平均時給は前月比0.3%増と予想通りだった。
  • 米国の利下げ期待:最新の経済指標を受けて、CMEのFedWatchツールによると、米連邦準備制度理事会(FRB)による9月の利下げの可能性は73%に上昇した。FOMC議事録でも物価上昇圧力の緩和が示され、利下げ期待が高まっている。これが米ドル安をもたらし、ゴールド価格を下支えする可能性がある。
  • 市場のセンチメント:FRBの利下げ観測と、イギリスとフランスの政治情勢が相まって、現在の市場心理に影響を与えている。欧州、特にフランスの政情不安と中東の地政学的緊張は、貴金属の安全資産としての需要を高める可能性が高い。
  • 注目すべき主要イベント:トレーダーは、火曜日と水曜日に行われるパウエルFRB議長の証言に注視し、金融政策に関する更なる手掛かりを探る。また、木曜日に発表予定の米6月消費者物価指数(CPI)インフレデータは、市場の方向性を示す重要な指標となる。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.