ホーム / ブログ / カテゴリー / テクニカル分析 / 米インフレデータ待ちの中、ゴールドの調整局面が主要な支持線上に浮上
28 5月 2024 | FXGT.com

米インフレデータ待ちの中、ゴールドの調整局面が主要な支持線上に浮上

最近のパフォーマンス:先週月曜日に史上最高値をつけた後、ゴールド価格は4%以上下落し、現在2,350ドル前後で推移している。この下落にもかかわらず、日足トレンドは強い上昇トレンドを維持しているが、2435ドルのダブルトップ形成は、このエリアへの強い拒否反応を示している。現在の弱気の勢いは、現在進行中の上昇トレンドの中の修正波と見られる。

市場の推進:主に、タカ派的な米連邦準備制度理事会(FRB)議事録と、予想を上回る強めの米PMIデータを受け、売りが優勢となった。このデータは、5月のサービス部門の企業活動が過去2年間で最も力強いペースに加速したことを示し、経済が金利上昇に長く耐えられることを示唆している。インフレ圧力が持続すれば、米連邦準備制度理事会(FRB)が緩和する可能性は低くなり、ドル高が維持され、ゴールドが新高値を試すことはできなくなる。

サポートレベル:ゴールドは、45日EMAチャネルで示される2,325ドルの重要なサポートレベルを試しており、次の重要なサポートは5月の安値2,280ドルに概算され、日足タイムフレームで最後の底値形成が確認されている。

レジスタンスレベル:相場は、昨日の高値2,358ドルと200時間移動平均線チャネルの上限2,370ドルの間にある短期的な抵抗エリアによって抑えられている。日足トレンドとモメンタムを再調整し、強気の動きの継続を狙うには、2370ドルを上抜けする必要がある。

重要なピボットレベル:2,325ドルのサポートレベルが焦点となっており、同レベルを再トライした後に強気に反転した場合、上昇の勢いが再び強まり、強気トレーダーはロングポジションを検討するチャンスとなる可能性がある。しかし、現在の勢いが下向きであることから、この支持線を明確に下抜けた場合、弱気圧力の継続を示唆し、市場は前日底値の2275ドルに向かう可能性があり、全体的な上昇トレンドの固さを試すことになる。

今後の経済データ:日足チャートは強気を維持しているが、木曜日の米GDP第2次確報値や金曜日の米PCE価格指数など、6月12日の米連邦準備制度理事会(FRB)会合を控えたカタリストを市場が待ち望んでいるため、調整局面が続く可能性がある。これらのイベントは市場にボラティリティをもたらし、主要レベルの再テストを引き起こす可能性が高い。

ゴールド1時間足チャート

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.