ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 堅調な需要期待と地政学的緊張を背景に原油価格が上昇
28 5月 2024 | FXGT.com

堅調な需要期待と地政学的緊張を背景に原油価格が上昇

現在のパフォーマンス:メモリアルデー(戦没者追悼記念日)の週末を迎え、夏のドライブシーズンが始まることから、燃料需要の拡大が期待され、火曜日、米原油先物は上昇した。ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油は現在、週足で1.38%上昇し、1バレル79ドル台で取引されている。

夏のドライブシーズン:米国の夏のドライブシーズンが始まると、燃料需要が高まるのが通例である。初期の兆候によると、休暇を利用した旅行が比較的好調で、原油価格の上昇に寄与している。ただし、電気自動車の普及が進むと、ガソリン消費は抑制される可能性がある。

中東紛争:ラファで民間人に死傷者を出したイスラエルの空爆や、エジプト人将校が死亡した国境を越えた衝突を受け、地政学的リスクが高まったことも価格を下支えしている。このような事態は通常、石油供給の途絶に対する懸念を高め、価格上昇を後押しする。

テクニカルレベル:強気の勢いは80.00ドルのレジスタンスレベルで重要なテストに直面している。この水準を上回れば、さらなる上昇を示唆する可能性がある一方、上回らなければ、価格が固まるか、直近のレンジである80~77ドル付近まで引き戻される可能性がある。

在庫データ:トレーダーは、米国石油協会(API)とエネルギー情報局(EIA)がそれぞれ水曜日と木曜日に発表する、米国の週間バレル在庫数に注目している。先週は、米国の原油供給量が予想外に増加した。しかし、今週の市場予想は減少を予測しており、EIAの週間在庫数は200万バレル減少すると予想されている。

米PCE価格指数:市場は、金曜日に発表される米連邦準備制度理事会(FRB)が好んで使用するインフレ指標である米個人消費支出(PCE)価格指数を注視している。このデータは、連邦準備制度理事会(FRB)の今後の金融政策決定に影響を与える可能性がある。

OPEC+の減産:石油輸出国機構(OPEC)とその拡大ネットワークであるOPEC+は、自主的な減産を維持すると予想される。当初2023年に採択されたこれらの減産は、米国の生産量が需要を上回る中、世界の原油価格を下支えすることを目的としている。6月2日(日)に開催されるOPEC+の会合では、生産制限に関する決定が行われるかどうかが注目される。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.