ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / Crypto News Catchup – ドイツのBTC送金とMt.Goxの返済で波乱に直面するビットコイン市場
9 7月 2024 | FXGT.com

Crypto News Catchup – ドイツのBTC送金とMt.Goxの返済で波乱に直面するビットコイン市場

  • ドイツ政府は700BTCを資産管理機関に送金し、潜在的な影響について市場の憶測を煽っている。この動きは、犯罪行為から押収された資産の継続的な管理と清算の一環である。
  • Mt.Goxは破綻から10年近くを経て、債権者へのビットコインによる返済を開始した。この手続きは、何千人もの投資家に影響を与えた取引所の破産の余波における重要なマイルストーンとなる。この返済は、史上最大規模の暗号通貨取引所の破綻に起因する長年の問題を解決することを目的とした、裁判所が承認した再生計画の一部である。
  • 米下院は来週、バイデン大統領によるSAB121規則の拒否権を無効とする投票を行う予定だ。この規則は暗号通貨会計基準に関わるもので、大きな議論を巻き起こしている。この拒否権を覆すことで、暗号通貨の保有状況を開示する義務が復活することになり、暗号通貨業界の透明性と規制遵守を高めることを目的としている。
  • Galaxy Digitalによると、イーサリアムETFは承認準備の最終段階にある。この「粉飾決算」段階は、規制当局の承認が数週間以内に下りる可能性を示唆している。イーサリアムETFへの期待は市場に楽観論を呼び起こし、機関投資家の投資の増加や、イーサリアムの主流金融商品へのさらなる統合につながる可能性がある。
  • 7月4日の祝日明けの金曜日、米国の現物ビットコインETFに1億4300万ドルの資金が流入し、より広範な市場の低迷にもかかわらず、投資家の信頼と規制された暗号通貨投資への強い需要を反映している。この資金流入は、特に機関投資家の間で、投資手段としてのビットコインの回復力と継続的な魅力を浮き彫りにしている。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.