ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / テクニカル概要- ビットコイン4週間の連敗が続く
9 7月 2024 | FXGT.com

テクニカル概要- ビットコイン4週間の連敗が続く

最近のパフォーマンス:ビットコインは大幅に下落し、過去1週間で10%、過去1か月で20%下落し、連敗記録を4週間に伸ばした。週末、価格は9%反発し、日曜日には一時58,500ドルに達し、投資家に安堵感を与え、安定化の可能性を示唆した。しかし、価格が60,000ドル以下にとどまる限り、センチメントは弱気のままである。

市場に影響を与える主な要因:ドイツ政府が数千BTCを売却し、Mt.Goxがビットコインとビットコインキャッシュを債権者に返却し、140,000BTC(90億ドル相当)の分配が決まったことで、売り圧力が強まるとの懸念が広がった。

弱気センチメントと主要指標:60,000ドルのサポートレベルを割り込んだことで、センチメントは弱気にシフトし、長期的な展望はネガティブに転じている。BTCは57,000ドル前後で取引されており、重要な強気相場指標である200日移動平均チャネルを下回っており、この突破は通常、強気相場の終焉を示唆する。日中の回復にもかかわらず、BTCは現在2日連続で200日移動平均線チャネルの下で取引を終えており、弱気相場が続いていることを示している。

重要な水準と回復の可能性:最近の値動きでは、54,000ドルがサポート、58,500ドルがレジスタンスとなっている。54,000ドルを下回れば弱気トレンドの継続が確認され、58,500ドルを上回れば強気モメンタムが回復する可能性がある。日足RSIに陽転の可能性があるにもかかわらず、底打ちの明確な兆候はまだ見られず、58,500ドルを上抜けして反転パターンが確認されれば、陽転シグナルがより顕著になる可能性がある。

今後のイベント:近い将来ビットコインの市場センチメントに影響を与える可能性があるイベントには、米国のインフレ報告、パウエルFRB議長の議会前証言、現物イーサリアムETFの承認見通しなどがあり、これらはすべて市況や投資家センチメントに影響を与える可能性がある。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.