ホーム / ブログ / カテゴリー / テクニカル分析 / 原油価格、5週間連続上昇後、主要サポートを割り込み、80ドルの目標水準に焦点変わる
9 7月 2024 | FXGT.com

原油価格、5週間連続上昇後、主要サポートを割り込み、80ドルの目標水準に焦点変わる

  • 64日以来の上昇:原油先物は、6月4日の安値72.55ドル以来、大幅な上昇を経験している。過去5週間にわたり、4時間足チャートで一貫して安値を切り上げ、高値を更新し、先週金曜日に84.50ドルで最高値を更新するなど、強気圧力が着実に強まっている。
  • 82.50ドル割れ:月曜日の値動きは、原油が重要な4時間足のサポートレベルである82.50ドルを下抜けし、日足トップの形成の可能性を示唆するという重要な展開をもたらした。この転換は、ガザ紛争終結に向けた協議が進行していることを背景に、地政学的リスクが低下する可能性に市場が反応したことによる。
  • 弱気反転:先週、84.50ドルの上値トライに2度失敗し、ダブルトップ形成となった後、先週まで維持されていた82.50ドルの4時間足サポートレベルを下方ブレイクした。この82.50ドル割れは弱気パターンを確認するもので、日足では中期トップへの道を開くものである。
  • 主要レベル:月曜のブレイクで安値を更新したものの、相場は昨日の安値82ドルと短期的な調整高値82.90ドルに抑えられている。82ドルを割り込むと、下降トレンドの継続が確認され、心理的レベルである80ドルのすぐ上にある重要な45日移動平均チャネルのサポートエリアがターゲットとなり、78ドルの日足チャネル下限が拡大ターゲットとなる。
  • 短期モメンタム:短期モメンタムは、ピボット・レベル83ドルを下回っている間は弱気と考えられる。83ドルを上抜けた場合のみ、弱気シナリオは否定され、センチメントは過去1週間のレベル内の横ばいレンジに移行し、以前の高値84.50ドルに戻る動きを誘発する可能性がある。
  • 今後の経済データ:地政学的緊張は依然として落ち着いているものの、長期的な調整が主なシナリオとなりそうな気配だ。米国で今後発表される主な経済指標は、木曜日の消費者物価指数(CPI)、続く金曜日の生産者物価指数など。

米国原油4時間足チャート

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.