ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / Crypto News Catchup – 仮想通貨取引所における取引量が9月以来初めて減少
14 5月 2024 | FXGT.com

Crypto News Catchup – 仮想通貨取引所における取引量が9月以来初めて減少

  • 中央集権型仮想通貨取引所の現物取引量は4月に1.6兆ドルに減少し、2023年9月以来初めて前月比で減少した。この減少はビットコイン価格が約15%大幅に下落したことと重なり、市場全体の活動に影響を与えた。Binanceは7000億ドルと最高の取引量を維持した。さらに、米国のビットコインETFの現物取引量も3月に比べて減少した。
  • Grayscaleはイーサリアム先物ETFのSECへの申請を取り下げた。この決定は、ビットコインETFで直面したような潜在的な法的課題を回避するための戦略的な動きと見られている。本取り下げは、イーサリアムの証券分類に関する将来の規制の変化やSECの消極的な姿勢に対するGrayscaleの期待を反映している可能性もある。
  • JPMorgan Chaseは、SECに報告されたように、Grayscake、ProShares、Bitwise、BlackRock、Fidelityが提供するものを含む複数のビットコインETFへの投資を開示している。今回の申請には、仮想通貨ATMの提供会社であるBitcoin Depotの約47,000ドル相当の株式購入も含まれている。JPMorganのこの動きは、暗号通貨投資に対する機関投資家の関心の高まりを浮き彫りにしている。
  • Mastercardは、Citygroup、Visa、JPMorganといった米国の大手銀行と提携し、規制決済ネットワーク(RSN)と呼ばれる新しいトークン化決済システムをテストしている。この共有台帳(シェアードレジャー)技術は、国債や商業銀行の資金などの資産をトークン化し、単一のプラットフォームで決済できるようにすることで、異なる資産クラス間の決済を合理化することを目的としている。
  • 香港を拠点とする金融会社Harvestは、香港と中国本土間の金融市場の架け橋となることを目指し、ETFコネクトスキームを通じて同社のビットコインETFを中国本土の投資家に提供することを計画している。同社CEOのHan Tongli氏は、2年以内に同社のETFがETFコネクトに組み込まれ、仮想通貨市場がより多くの中国人投資家に開放される可能性に期待を寄せている。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.