ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / テクニカル概要- ビットコインの急騰は65,500ドルのレジスタンスレベルで重要なテストに直面
14 5月 2024 | FXGT.com

テクニカル概要- ビットコインの急騰は65,500ドルのレジスタンスレベルで重要なテストに直面

  • ビットコインの最近のパフォーマンス:ビットコインは今週顕著な反発を見せ、前週の安値56,700ドルから11%上昇。5月に入ってから、ビットコインは5%近く上昇しており、年初来で50%の上昇に貢献した。
  • テクニカル指標:最近の上昇にもかかわらず、ビットコインの価格活動は、重要な45日EMAチャネルの下での取引が続いているため、日足の時間軸では弱気のままである。最近、重要なサポートレベルである60,000ドルを下回ったことで、潜在的な調整が拡大する懸念が高まったが、56,000ドル以上での買い意欲は、根底に強いサポートがあることを示唆している。
  • 重要なレジスタンス:65,500ドルに新たな抵抗線が形成され、現在、弱気の勢いが維持されており、45日EMAチャネルの上限と一致している。このしきい値の突破は極めて重要な展開となり、長期上昇トレンドの再開を示唆する可能性がある。逆に、このバリアを超えられなければ、横ばい基調が続く可能性がある。
  • 買われ過ぎの状態の緩和週足や月足などの上位時間軸では、モメンタム指標は長期の買われ過ぎの状況を経て正常化している。これは、現在進行中の調整局面が終わりに近づいている可能性を示唆している。
  • 今後の米インフレデータ:米国の経済カレンダーでは、市場の動きに大きな影響を与える可能性のある重要なインフレデータが発表される。火曜日には生産者物価指数(PPI)、木曜日には消費者物価指数(CPI)が発表される。現在の経済情勢を踏まえると、これらのインフレ指数はビットコインなどの仮想通貨を含む金融市場全体にボラティリティをもたらす可能性が高い。
  • ビットコインへの影響インフレデータが物価上昇圧力の継続を示唆した場合、FRBは金利の長期維持に傾く可能性があり、それにより米ドルが上昇し、ビットコイン価格を圧迫する可能性がある。逆に、インフレ率が予想を下回れば、早期利下げへの楽観論が高まり、代替投資としてのビットコインを押し上げる可能性がある。

BTC日足チャート

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.