ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 失業率の上昇と賃金上昇の持続がイングランド銀行の決定を複雑にする
14 5月 2024 | FXGT.com

失業率の上昇と賃金上昇の持続がイングランド銀行の決定を複雑にする

  • 失業率:英国の3月までの3か月間の失業率は4.3%と、市場予想と一致し、前回の4.2%からわずかに上昇した。
  • 雇用変動:3月の雇用者数は減少を示し、労働市場の弱体化をさらに浮き彫りにした。4月のデータでも、3月の数値が顕著に上方修正されたものの、雇用創出が引き続きマイナス傾向にあることが確認された。
  • 賃金の伸び:雇用市場の低迷にもかかわらず、賃金上昇圧力は続いている。ボーナスを含む週平均所得は予想を上回り、前年同期比で増加し、賃金インフレが依然として懸念材料であることを示唆している。
  • 市場の反応:労働市場のデータはGBP/USD相場に大きな影響を与えず、発表後も1.2550ドル前後で安定した推移となった。失業率が上昇する中、賃金の伸びは一貫しており、イングランド銀行の金融政策見通しを複雑にする可能性がある。
  • 金融政策への影響:現在の労働市場データはイングランド銀行(BOE)にとって複雑なシグナルを示しており、金利に関する意思決定プロセスを複雑にしている。雇用市場の軟化はハト派的なスタンスを主張する可能性があるが、賃金上昇の持続はインフレリスクを管理するためにBOEに金利の維持、あるいは引き上げを迫る可能性がある。
  • 米国データの焦点本日発表される米生産者物価指数(PPI)に注目が集まっている。このデータが予想を上回る数値を示す可能性があり、米ドルが上昇する可能性がある。さらに、本日後半のパウエルFRB議長の講演が市場の動きに大きな影響を与える可能性がある。これらのイベントは、GBPUSDの短期的な軌道と幅広い市場センチメントを決定する可能性が高い。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.