ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 利下げの憶測によりダウとS&P500が下落
2 4月 2024 | FXGT.com

利下げの憶測によりダウとS&P500が下落

  • 製造業データが市場心理に影響:米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ時期をめぐる投資家の懸念もあり、ダウとS&P500種株価指数は下落。このセンチメントの変化は、予想外に好調な製造業データによって引き起こされ、国債利回りの上昇につながった。
  • ISM製造業PMIが予想を上回る:米供給管理協会(ISM)が発表した3月の製造業PMIは50.3と、2022年9月以来初めて50を上回り、製造業の回復の可能性を示した。この最新の数値は、6月の利下げの可能性に疑問を投げかけている。
  • 国債利回りは経済指標に反応:10年物および2年物の国債利回りは、製造業報告を受けて2週間ぶりの高水準となり、市場のダイナミクスと利下げ期待に影響を与えた。CMEのFedWatchツールは、6月の利下げに対する見方が二分していることを示し、市場価格は62%まで下方修正された。
  • サプライチェーンの混乱による影響紅海での混乱、ボルティモア港の閉鎖、原油価格の上昇に代表されるサプライチェーンの問題は、インフレ懸念を助長し、市場心理に影響を与える。
  • FRB高官と今後の発言:米連邦準備制度理事会(FRB)のスタンスに大きな関心が集まるなか、クリストファー・ウォーラー理事やアトランタ連銀のラファエル・ボスティック総裁などの主要高官は、今年の利下げ回数を3回未満とする意向を示している。今週予定されているパウエル議長を含めた一連のFRB関係者の発言は、さらなる示唆を与える可能性がある。
  • 米雇用統計への期待:投資家は、市場心理や米連邦準備制度理事会(FRB)の政策検討にさらなる影響を与える可能性のある米国の月例雇用統計を待っている。現在の情勢では、「悪いニュースは良いニュース」というのが一般的なテーマのようで、弱い経済データがFRBの早期緩和開始への期待を高める可能性があることを示している。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。
カテゴリ
タグ
登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
次の記事
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.