ホーム / ブログ / カテゴリー / テクニカル分析 / FOMCとCPIが焦点となり、ゴールドの強気相場は2275ドルのサポート直面する
11 6月 2024 | FXGT.com

FOMCとCPIが焦点となり、ゴールドの強気相場は2275ドルのサポート直面する

  • ゴールドは年初来12%上昇、レンジに直面:ゴールドは年初から12%上昇した。しかし最近では、4月と5月に2400ドルの強力なレジスタンスに遭遇した後、幅広いレンジ内での値固めが続いている。このパターンは週足チャートでダブルトップの可能性を示唆しており、相場が重要なサポートレベルである2,275ドルを割り込めば弱気相場が確定する。
  • ゴールドの急落:先週の金曜日、ゴールドは3.5%の急落に見舞われ、2つの重要なきっかけにより、ここ数か月で最も急落した。
  • 中国がゴールド購入を停止:中国人民銀行は、5月にゴールドを準備高に加えなかったと発表し、1年半続いたゴールド購入に終止符を打った。この予想外の停止はゴールド価格の当初の下落につながったが、これが一時的な休止なのか、それとも長期的な戦略的転換なのかはまだ不明である。
  • 米経済データの影響:米連邦準備制度理事会(FRB)の9月利下げ観測が後退したため、ゴールド相場は午後にさらなる圧力に直面した。堅調な米非農業部門雇用者数は、FRBが利上げを長期間維持するとの思惑を煽り、貴金属の需要にマイナスの影響を与えた。
  • きっかけ待ち:現在、ゴールドに対するセンチメントは弱く、買い手の信頼を回復するには新たなきっかけが必要である。当面の焦点は明日の消費者物価指数とFOMCである。FOMCでは政策変更は期待できないが、記者会見と経済予測サマリーで、FRBの現在の見解と年末までの金利見通しが明らかになる。
  • 2275ドルの主要サポートレベル:ゴールドが2275ドルを上回っている限り、長期的な上昇トレンドは維持され、現在の横ばいの動きは継続パターンである可能性を示し、市場は今年の新しい価格水準に適応することができる。ゴールドは現在、重要なトレンド指標である45日指数移動平均 (EMA)チャネルの下限を試している。2,275ドルを上回れば、全体的な上昇トレンドが維持され、強気シグナルが出れば、上昇モメンタムが再燃する可能性がある。
  • 2275ドルは維持されるか、それとも弱気シフトのシグナルか:先週の金曜日の調整で、相場は5月上旬に設定された2275ドルの重要なサポートレベルをわずか10ドル上回った2285ドルまで下落した。2275ドルを割り込むと、週足では弱気パターンが確認され、日足では弱気トレンドに転換する。これは大幅な調整につながる可能性があり、200日EMAと45週EMAが収束する2,150ドル付近が次の重要なサポートとなる。このエリアは2023年12月の高値とも重なり、センチメントが変化した場合、強力なサポートレベルとなることを示唆している。
  • 2024FOMC前後のゴールド価格動向:2024年、ゴールド価格はFOMCの前後に明確な傾向を示した。FRBが金利を据え置いた1月の会合後、FRBがインフレに慎重な姿勢を示したため、翌週のゴールド価格は下落した。しかし、3月と4・5月の会合後、ゴールド価格は上昇。FRBが金利を維持することを決定したことに加え、ハト派的なシグナルと継続する経済の不確実性が相まって、安全資産としてのゴールドの魅力が高まったからである。4・5月会合の2日後には、2,275ドルの主要サポートレベルが形成され、市場は2,440ドルを超える史上最高値まで上昇した。
  • FRBの政策がゴールドに与える影響:FRBが現在の政策を維持し、データ主導のアプローチを採用し、基調を変えることなく中立を維持する場合、ゴールドは幅広い横ばいパターンの中で取引を続ける可能性がある。しかし、FRBがタカ派的なスタンスを取るか、2024年の利下げに反対の意向を示せば、ゴールドの重荷となり、2275ドルのサポートを割り込み、長期的な調整を促す可能性がある。ゴールドの強気派は、弱い消費者物価指数とハト派的なFRBが強気相場へのきっかけとなり、先週の損失からの回復を促し、ゴールドを2325ドルの短期レジスタンスの上に押し上げ、最近のレンジ内でのより強い反発につながることを期待している。

ゴールド日足チャート

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.