ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 米国債見通しと中東情勢の緊迫化で原油価格が回復
26 4月 2024 | FXGT.com

米国債見通しと中東情勢の緊迫化で原油価格が回復

  • 原油価格の回復:原油価格は2週連続の下落から反転し、プラスで週を終えようとしている。この上昇の原動力となっているのは、イエレン米財務長官の勇気づけられる発言と、中東における地政学的緊張の継続である。
  • イエレン財務長官のコメント:イエレン米財務長官は木曜日、明るい展望を示し、第1四半期の米国のGDP成長率は、より多くのデータが入手可能になるにつれて上方修正される可能性があることを示唆した。イエレン財務長官はまた、インフレ率がより一般的な水準まで安定する可能性があり、一時的に成長を抑制したいくつかの特殊な要因を克服する可能性があるとの見方を示した。
  • 経済指標の影響イエレン財務長官が前向きな見通しを示す前、当初第1四半期の経済指標は低調であったため、投資家は連邦準備制度理事会(FRB)が利下げをさらに延期するのではないかと懸念していた。こうした予想が、経済活動の鈍化を懸念して原油価格に下落圧力をかけていた。
  • 金利見通し:米国が高金利の長期化に直面する可能性があり、経済活動の低下がエネルギー需要の減少につながる可能性がある。現在の市場予測では、利下げは早くて9月以降と予想されている。
  • 最新の在庫・輸出データ:米国エネルギー情報局(EIA)の最新データでは、原油在庫がアナリストの予想を上回る大幅な減少となった。しかし、この在庫減少の主な要因は、国内需要の増加よりもむしろ輸出の増加であった。この減少により、米国の原油在庫は1月以来の低水準となった。予想外の在庫減少により、米エネルギー省は埋蔵量の補充に乗り出す可能性があり、原油価格に影響を与える可能性がある。
  • 中東の緊張が石油供給に影響:地政学的な面においては、国際的な懸念や同盟国からの警告にもかかわらず、イスラエルがガザのラファで軍事作戦を強化しているため、依然として緊張が高まっている。石油供給ルートや地域全体の安定に影響を及ぼす可能性があるため、石油市場はこのような情勢を注視している。
  • 市場の見通し:GDPデータが示唆した米国経済の減速は、さまざまな部門で今後の課題を示唆する可能性があり、幅広い経済活動が弱まるにつれて石油需要が減少する可能性がある。しかし、その後のデータでイエレン財務長官の楽観的な経済見通しが確認されれば、市場のセンチメントを押し上げる可能性がある。
  • インフレデータに注目:現在、一連の個人消費支出(PCE)による米国のインフレデータの発表に注目が集まっている。このデータは、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策決定に影響を与え、ひいては経済活動やエネルギー需要に影響を与えるため、極めて重要である。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.