ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 経済成長の鈍化とインフレの持続で米国のスタグフレーションのシナリオが浮上
26 4月 2024 | FXGT.com

経済成長の鈍化とインフレの持続で米国のスタグフレーションのシナリオが浮上

  • スタグフレーションのリスクに直面する米国経済昨日の米GDP統計は、経済成長率の低下とインフレ率の上昇というシナリオを示し、市場にさらなる悲観論をもたらした。経済活動の鈍化と物価上昇という二重の圧力が金融政策の対応を複雑にするため、このような状況は金融界では通常歓迎されない。
  • 1四半期GDP第1四半期の米国経済は成長率が鈍化し、GDPは前期比1.6%増となった。この数字は予想されていた2.5%には届かず、2023年第4四半期に観測された3.4%の成長率を大幅に下回った。しかし、GDP報告書に組み込まれたインフレ指標は物価上昇圧力の高まりを示し、連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策決定に影響を与える可能性がある。
  • インフレ圧力は継続:GDPの弱含みとは対照的に、米連邦準備制度理事会(FRB)が注視する主要なインフレ指標であるPCE価格指数は前四半期の1.8%から3.4%に上昇した。変動の激しい食品価格とエネルギー価格を除いたコアPCEは2.0%から3.7%に上昇し、根本的なインフレ懸念が依然として高いことを示唆した。
  • 金融政策への影響:今回のインフレ率は、景気減速にもかかわらず、インフレ圧力が持続していることを浮き彫りにしている。当初は、GDPデータが期待外れだったことから、経済成長を支えるために利下げに傾く可能性があった。しかし、PCE指数の急上昇は、持続的なインフレリスクを浮き彫りにすることで、このシナリオを複雑にし、連邦準備制度理事会(FRB)の早期利下げを抑制する可能性がある。
  • 市場の反応:発表後、GDPの数値が低かったため、米ドルは当初軟調に推移し、経済の勢いに対する懸念が示された。しかし、市場が予想を上回るインフレデータを消化したため、ドルはすぐに回復。このデータは、FRBが「長期金利上昇」を維持するスタンスを支持する可能性がある。
  • コアPCEデータへの期待:投資家は現在、FRBの利下げ期待を形成する上で極めて重要な3月のコア個人消費支出(PCE)価格指数に注目している。PCE指数が加速すれば、複数回の利下げ観測が後退し、今年の利下げは1回にとどまる可能性がある。市場は現在、さらなる経済指標を待ち、9月に最初の利下げが実施されると予想している。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.