ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 円の決定的瞬間:日銀会合と米経済指標の行方
25 4月 2024 | FXGT.com

円の決定的瞬間:日銀会合と米経済指標の行方

日銀会合中の円安:日本銀行(BOJ)は木曜日、2日間にわたる金利決定会合を開始したが、円相場は1990年以来の水準となる1ドル=155円の大台を突破し、大幅な円安が続いた。このような動きから、トレーダーは現在行われている政策協議で東京が介入を行うかどうかに神経をとがらせている。

日銀の政策見通し:日銀は金曜日の会合終了時点で短期金利目標を据え置くというのがコンセンサス。これは、先月中央銀行がマイナス金利を解除した歴史的な動きに続くものである。専門家は、ややタカ派的なスタンスを示唆しているが、緩和的な金融環境が続くと予想している。

日銀による利上げの可能性:日銀の植田和男総裁は最近、円安が輸入コストを押し上げ、物価上昇を持続させるのであれば、中央銀行はさらなる利上げを検討する可能性があると強調した。植田総裁は、インフレ率が目標の2%に近づけば、再び利上げを行うだろうと、このスタンスを繰り返した。

インフレデータ:日銀の植田和男総裁のコメントにより、会合後の日銀の声明とともに発表される予定の中期インフレ見通しへの注目度が高 まった。この予測は、日銀の今後の政策方針を決定する上で極めて重要である。

米国データ・ウォッチ:米国では、本日中にGDPが発表され、明日には個人消費支出(PCE)指数が発表されるため、ボラティリティの高まりを招き、値動きに影響が出る可能性がある。日銀の政策転換や日本の金融当局による介入がない限り、今後のデータはUSD/JPYをさらに押し上げる可能性がある。

介入効果:日銀や財務省による積極的な措置がなければ、USD/JPYは上昇を続け、160.00円付近の次の抵抗線を試す可能性がある。逆に、財務省が介入を行えば、逆方向に急落する可能性がある。過去の介入では、1日で500ピップスも動いたことがある。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.