ホーム / ブログ / カテゴリー / テクニカル分析 / GBP/USD、重要な米GDPとPCE発表を前に1.2470ドルの抵抗を試す
24 4月 2024 | FXGT.com

GBP/USD、重要な米GDPとPCE発表を前に1.2470ドルの抵抗を試す

  • 市場動向:GBP/USDペアは、4月に入ってから1.40%下落し、英ポンドに継続的な下落圧力がかかっている。同通貨ペアは日足チャートで強い下落トレンドを形成しており、以前の長期サポートレベルであった1.25ドルを割り込んだことでこれが加速し、今週初めに直近安値1.23ドルまで相場を押し下げた。
  • 回復の兆し:昨日、日足チャートに明けの明星のローソク足パターンが形成され、強気シグナルが出現。このパターンは、相対力指数(RSI)が売られ過ぎの領域に入り、30を下回ったことで出現した。さらに、価格は短期的な下降チャネルラインを抜け、強気の勢いが続く可能性が強まった。
  • 当面のレジスタンス:金曜の高値1.2470ドルを上抜ける決定的な動きがあれば、強気の波が拡大し、1.2550ドルを目指す可能性があるが、そこには日足の指数移動平均線チャネルの抵抗線がある。
  • 弱気心理:最近の回復の兆しにもかかわらず、主なトレンドは弱気のままであり、下降トレンドが再開する可能性がある。1.2470ドルのレジスタンスを超えられなければ、弱気モメンタムが再び強まり、直近安値の1.23ドルまで下落する可能性がある。短期的には、1.24ドルがサポートとなっており、更なる強気修正を維持するためには、このサポートが重要となる。
  • 米国データウォッチ:木曜日に米GDP、金曜日に米個人消費支出(PCE)指数が発表される予定であり、ボラティリティの高まりや値動きへの影響が出ると予想される。これらの経済指標は極めて重要であり、同通貨ペアの次の方向性を決めるきっかけとなる可能性が高い。

GBPUSD 4時間足チャート

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.