ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / パウエル議長の慎重な金利アプローチで市場は安定、木曜日の消費者物価指数に注目
10 7月 2024 | FXGT.com

パウエル議長の慎重な金利アプローチで市場は安定、木曜日の消費者物価指数に注目

  • パウエル上院証言:パウエルFRB議長は、金利調整への慎重なアプローチを強調し、行動が早すぎたり遅すぎたりするリスクを強調した。パウエル議長は、米国経済は2%のインフレ目標に向けて前進しており、労働市場は冷え込んでいるものの、依然として堅調であると指摘した。
  • 経済データとFRBの二重の使命:最近の経済データは、米国経済にとって複雑なシグナルを示している。6月の年間PCEインフレ率は2.6%で、5月の2.7%から低下した。パウエル議長は、インフレを再燃させる可能性のある早すぎる利下げと、労働市場を弱体化させる可能性のある長すぎる利下げのリスクのバランスをとることの重要性を強調した。
  • 市場の反応:パウエル議長の証言は、市場に大きな反応を引き起こすことはなかった。米10年債利回りは4.30%まで上昇し、DXYは比較的横ばいで終了した。ゴールド価格は2,360ドルを上回り、0.25%以上の上昇となった。S&P500とナスダックは新記録を達成し、銀行株とハイテク株が好調だった。
  • 利下げ観測:CMEのFedWatchツールによると、投資家は9月にFRBが利下げを実施する確率を73%としている。パウエル議長は、利下げを検討する前に「良いデータ」が必要だと強調した。
  • 米国の経済データ:注目は、木曜日に発表される6月の米消費者物価指数(CPI)だ。コアインフレ率は前月比0.2%増、年率3.4%増、ヘッドラインインフレ率は5月の3.3%増から3.1%増に減速すると予想されている。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.