ホーム / ブログ / カテゴリー / テクニカル分析 / テクニカル概要- ビットコインは7%下落で6月終了、62,000ドル以上で回復のシグナルが現れる
2 7月 2024 | FXGT.com

テクニカル概要- ビットコインは7%下落で6月終了、62,000ドル以上で回復のシグナルが現れる

  • ビットコインの6月のパフォーマンス:ビットコインは7%の下落で6月を終え、弱気圧力に直面し、60,000ドルのレベルを再テストしている。しかし、月足のローソク足が62,000ドルの上で終了したことは強気のサインと見られている。
  • 売られすぎのビットコインが反発:6月安値の58,500ドル直上では、RSI指標で売られ過ぎシグナルが点滅した後、60,000ドルを超えて回復した。このエリアは200日指数移動平均チャネルを表し、長期的な買い機会にとって重要である。このエリアからの回復の初期兆候は、ビットコインと暗号通貨市場全体のさらなる高値への楽観的な見方を養っている。
  • 強気のモメンタム:最近の62,000ドルの上方ブレイクは強気の展開と見られ、60,000ドル上方の短期的な底を確認し、モメンタムは強気にシフトしている。ビットコイン価格は現在、1時間足と4時間足で重要な移動平均チャネルを上回っており、4時間足チャートでは強気の反転パターンが回復を主導している。
  • 日足抵抗帯:市場は64,000ドルと66,000ドルの間にある日足45指数移動平均チャネルの抵抗線を試す準備をしている。このエリアは過去4か月間一貫して抵抗帯となっており、5月中旬にこれを上抜けたのを最後に、72,000ドルレベルを試す上昇に転じている。この重要な抵抗帯を突破することで、短期的な底値が固まり、過去4か月間の横ばいレンジ内でのさらなる回復につながる可能性がある。
  • 主要サポートレベル:最近の上昇にもかかわらず、ビットコイン価格は64,000ドルから66,000ドルのレジスタンスゾーンの下にあり、日足全体のトレンドは主要移動平均線からの弱気圧力下にある。日足終値が62,000ドルの短期サポートを下回れば、モメンタムは弱気に戻り、59,000ドルと57,000ドルの間の200日移動平均チャネルを再テストする可能性が高まる。長期上昇トレンドを維持する重要な支持線は、引き続き5月安値の56,500ドルにある。

BTC日足チャート

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.