ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / Crypto News Catchup – SECがイーサリアムETFの修正を要求、米財務省が暗号通貨税制を最終決定
2 7月 2024 | FXGT.com

Crypto News Catchup – SECがイーサリアムETFの修正を要求、米財務省が暗号通貨税制を最終決定

  • 米国財務省は、脱税に対処するための新しい暗号通貨税務報告規則を最終決定した。これらの規制は、ブローカーに暗号通貨の取引と利益を報告することを義務付け、株式や債券のような伝統的な金融資産と整合させる。
  • SECはイーサリアムETF発行者にS-1フォームを返却し、承認前に少なくとももう1回の修正が必要であることを示した。この発展は、進展が見られる一方で、イーサリアムETFがローンチされる前に乗り越えなければならない規制上のハードルが残っていることを示している。
  • 21SharesはSECにS-1フォームを提出し、米国でSolana ETFのスポットを開始した。この提出は、上場投資信託を通じて投資家にSolanaへの直接エクスポージャーを提供するための重要な一歩となる。この動きは、ビットコインやイーサリアム以外の暗号投資商品の多様化への関心の高まりを浮き彫りにしている。
  • ボリビアはビットコインと暗号通貨の取引を合法化し、その規制姿勢に大きな変化をもたらした。この動きにより、個人や企業がデジタル資産を決済や投資に合法的に利用できるようになった。
  • フィリピンは社会保障費の支払いにTetherのUSDTを採用し、フィリピン人が社会保障制度(SSS)の拠出金に暗号通貨を使えるようにした。この動きは、金融包摂を改善し、支払いプロセスを合理化し、従来の方法に代わる安定的かつ効率的な方法を提供することを目的としている。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.