ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / テクニカル概要- プレッシャーを受けるビットコイン:重要なサポートゾーンに注目
26 6月 2024 | FXGT.com

テクニカル概要- プレッシャーを受けるビットコイン:重要なサポートゾーンに注目

  • 弱気圧力:ビットコインは6月上旬に72,000ドルのレジスタンスを突破できなかった後、強い売り圧力に直面している。月間のパフォーマンスは9%下落しており、先週は5%以上下落し、2週連続の下落となった。この下落は、Mt.Goxの管財人が7月に債権者へのビットコイン支払いを発表したことと重なり、予想される暴落による弱気心理を煽っている。
  • センチメントとETF暗号通貨の恐怖と強欲指数は「中立」の46まで低下し、過去8か月で最低となった。また、ビットコインファンドは過去2週間で大幅な資金流出が見られ、ビットコインETFが承認されて以来最高水準となった。
  • 横ばいの調整:ビットコインは引き続き中期的な横ばいレンジに収まっており、両者の境界でリクイディティを試しながら、次の方向性に備えている。66,500ドルを割り込んだことで、モメンタムは弱気にシフトし、現在は重要なサポートレベルに注目が集まっている。ビットコインは、この2週間で15%近く下落したにもかかわらず、3月以来取引が続いている60,000ドル~70,000ドルの範囲内にとどまっている。
  • 主要サポートレベル:トレーダーは60,000ドルの心理的サポート、59,000ドルの200日EMA上限、56,500ドルの4か月前安値を注視しており、これらのサポートレベルが突破された場合は、さらなる下落を示唆し、長期的な調整が始まる可能性がある。
  • 市場の見通し:弱気モメンタムにもかかわらず、ビットコインが60,000ドルから58,000ドルのゾーン付近で強力なサポートを見つけ、反転の兆しを見せれば、長期的なサポートは維持される。しかし、58,000ドルをさらに割り込むと、弱気圧力が加速し、56,500ドルを割り込む可能性があり、長期的な調整が誘発される。強気派トレーダーは、60,000ドルと56,500ドルの間のゾーンを監視し、直近のレンジ内での回復と横ばいパターンの継続を示す強気サインを探っている。

BTC日足チャート

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.