ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 英データ、昨年の景気後退入りを確認
28 3月 2024 | FXGT.com

英データ、昨年の景気後退入りを確認

  • イギリスの景気後退を確認: 国家統計局は、イギリスの第3四半期GDPは0.1%縮小、第4四半期は0.3%縮小したと発表した。これらの数値は事前予想と一致しており、ポンドや金融政策期待に大きな影響は与えていない。
  • イギリスのインフレデータでBOEの利下げ期待が高まる: イギリスで最近発表された2月のインフレ率が軟調な結果となったことで、イングランド銀行(BOE)の利下げが6月に開始される可能性があるとの市場の期待が高まった。
  • BOE金融政策への期待: 先物市場では、トレーダーが中央銀行のシグナルとより広範な経済見通しに基づいて予想を調整するのに伴い、BOEが5月の会合で利下げを実施する可能性は約20%、6月の会合までに利下げを実施する可能性は55%と予想されている。
  • ウォラーFRB総裁の発言: クリストファー・ウォラーFRB総裁は、利下げに慎重なアプローチを強調し、政策緩和を開始する前にインフレ改善に関する更なる証拠が重要であることを強調し、忍耐強いスタンスを提唱した。
  • FRBの利下げ期待: CMEフェド・ウォッチ・ツールは、ウォラー氏のコメントや最近のデータ動向を反映し、6月の連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げ確率を63.5%と予想。
  • ポンドは米PCEデータを前に圧力に直面: GBP/USDペアは、2月の米個人消費支出(PCE)コアインフレ指標を待つ中、1.2600ドルまで下落した。米連邦準備制度理事会(FRB)が利下げを開始する時期について示唆する可能性があるため、今後のデータは極めて重要となる。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。
カテゴリ
タグ
登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

Copied to clipboard
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.