ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / カナダGDPと米第4四半期の数字が今日のUSD/CADのボラティリティに影響
28 3月 2024 | FXGT.com

カナダGDPと米第4四半期の数字が今日のUSD/CADのボラティリティに影響

  • 経済データの発表: 本日の経済カレンダーでは、カナダのGDP報告や米国の第4四半期実質GDPなどが発表される。これらの発表は米ドルに大きな影響を与え、USD/CADペアの短期的な取引機会を生み出す可能性がある。
  • カナダ消費者物価指数が予想を下回る: 直近のカナダ消費者物価指数は市場予想に届かず、主要なインフレ指標は低下を示し、インフレ圧力が予想よりも大幅に沈静化している可能性が示唆された。
  • 労働市場が雇用創出期待を上回る: 最近の労働市場では、雇用創出が予想を上回った。しかし、カナダ中銀(BoC)が金融政策決定において考慮する重要な要素である賃金の伸びは顕著に低下している。
  • カナダPMIは縮小も改善: カナダの2月の購買担当者景気指数(PMI)は若干の回復の兆しを見せた。とはいえ、PMIは引き続き縮小傾向を示しており、カナダ国内の経済的課題が浮き彫りになっている。
  • CADを支える原油価格: 世界的な供給逼迫と地政学的緊張に対する懸念から原油価格が上昇し、カナダドルを下支えしている。この外部要因は、USD/CADドルペアの上値余地が限定される一因。
  • カナダ中銀の金利見通し: 市場のコンセンサスでは、カナダ中銀は10日の政策決定会合で基準金利を5%に据え置くと予想されている。しかし、早ければ6月にも利下げが開始されるとの観測が高まっており、カナダの利下げ幅は米国で予想されているほど急ではないとの予測もある。
  • リスク回避で上昇: 金曜日に発表される米国の個人消費支出(PCE)を控え、リスク回避の動きが強まる中、同ペアは足元を固めつつある。
  • インフレデータの影響: インフレの持続は、FRBが制限的な政策を緩和する能力を制限することで、強気な米ドル反応を引き起こす可能性がある一方で、PCE指数が驚くほど低下した場合、USD/CADに下押し圧力がかかる可能性がある。そのような結果は、FOMC主導の利下げへの期待を高める可能性がある。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。
カテゴリ
タグ
登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

Copied to clipboard
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.