ホーム / ブログ / カテゴリー / テクニカル分析 / 岐路に立つUSD/CHF:長期的なレジスタンスと継続的な強気トレンド
10 5月 2024 | FXGT.com

岐路に立つUSD/CHF:長期的なレジスタンスと継続的な強気トレンド

  • 強気トレンドが長期のレジスタンスに遭遇:USD/CHFペアは、2024年の年初から大幅な上昇トレンドを経験し、約8%の上昇を遂げた。しかし、このトレンドは最近、0.92フランレベルの長期的な抵抗線に遭遇し、結果的に、先週、弱気のモメンタムにシフトした。0.92の抵抗線は200週移動平均線と一致し、2023年10月の高値と一致するため、重要な抵抗線ポイントとなっている。
  • 米労働市場データの影響先週の弱気圧力は、主に米国の労働市場データが弱かったことに起因しており、米連邦準備制度理事会(FRB)による利下げ観測が強まった。この金融政策見通しの変化により、FRBのスタンスがより広範に変化するとの議論が高まっている。
  • マーケット・ダイナミクス:直近の調整にもかかわらず、日足は構造的な上昇トレンドを維持している。しかし、同ペアは0.90フランの重要なサポートエリアをテストしている。この水準は、45日EMAチャネルと、年初来一貫してサポートされてきた上昇トレンドラインチャネルの下限と一致している。
  • 強気シナリオ0.90フランの上方でサポートされた兆候は、現在の強気トレンドの一時停止に過ぎないことを示唆している。0.91の短期レジスタンスを上抜けると、強気のモメンタムが再開され、新たな短期上昇トレンドが始まる可能性がある。
  • 弱気指標:0.90フランの水準は、日足で現在進行中の強気トレンドを維持する上で非常に重要な水準である。この水準を割り込むと、中期的な見通しが変化し、調整が深まる可能性があり、次のサポートレベルは0.89フランとなる。さらに、前回の週足ローソク足では、レジスタンスに遭った後、強い弱気圧力が示され、安値の0.90フランを下回る下落が弱気トレンドを強める可能性を示唆している。
  • 今後の見通し:PPIとCPIの発表が予定されている。このデータに対する反応は非常に重要であり、市場の更なる方向性を示すきっかけとなる可能性がある。0.91フランを持続的にブレイクした場合、継続シグナルが有効となる一方、0.91フランを割り込むと、現在進行中のトレンドの転換を示唆し、下値支持を狙う可能性がある。

USDCHF 1時間足チャート

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.