ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / 週間マーケットリポート:第1四半期終了
2 4月 2024 | FXGT.com

週間マーケットリポート:第1四半期終了

  • 1四半期のフィナーレ:米国株価指数は5か月連続の上昇を記録し、素晴らしい第1四半期を終えた。2024年年初来、S&P500種指数は10.2%、ナスダック指数は9.1%、ダウ指数は5.6%の上昇となり、市場全体の上昇を浮き彫りにした。
  • インフレと連邦準備制度理事会(FRB)の反応:米連邦準備制度理事会(FRB)が注視している重要なインフレ指標であるコアPCE価格指数は、2月に前月比で鈍化を示した。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、サンフランシスコ連銀主催の会議で発言し、このデータが予想に沿ったものであったことを指摘し、歓迎した。
  • コモディティの上昇:先週のWTI原油先物は大幅に上昇し、2.80%高の1バレル当たり83.17ドルとなり、3か月連続の上昇となった。一方、ゴールド価格は史上最高値を更新し、3.18%上昇して1オンスあたり2230ドルを超えた。今年第1四半期を通して、ゴールドは8.40%、原油は17.55%という目覚ましい上昇率を記録し、コモディティが好調な四半期であったことを示している。
  • 円の下落:日本円は対米ドルで1990年以来の円安となった。国内インフレの高まりによる圧力を受けている日本では、この円安を受けて、通貨安定のため金融当局による介入の可能性が議論された。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。
カテゴリ
タグ
登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

Copied to clipboard
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.