ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / Weekly Market Recap – 主要指数が月間で上昇
3 6月 2024 | FXGT.com

Weekly Market Recap – 主要指数が月間で上昇

  • 指数は週明けの下落にもかかわらず、月間では上昇:主要株価指数は、週を下落で終えたが、5月を力強い上昇で終えた。S&P500種株価指数は0.35%下落、ナスダック100種株価指数は1.4%下落、ダウは0.8%下落した。米国のインフレ率が予想を上回ったにもかかわらず、期待はずれの企業業績が株式市場のパフォーマンスにマイナスの影響を与えた。
  • 米ドル指数は堅調:第1四半期GDP成長率の改定値が1.3%と、当初の1.6%から下方修正され、高金利による圧力が示された。4月の個人所得・支出統計は消費者の慎重姿勢を示し、安定したインフレデータは物価上昇の冷え込みを示唆した。フォームのトップ
  • ユーロ圏のインフレ率上昇:ユーロ圏の5月のインフレ率は2.4%から2.6%に上昇し、コアインフレ率は堅調なサービスインフレに牽引されて2.9%に上昇。ユーロ圏の失業率は6.4%と過去最低を記録し、消費を下支えしているが、インフレ圧力を高めている。今週は利下げが予想されるものの、ECBはさらなる利下げに踏み切る前にさらなるデータを待つ可能性がある。
  • WTIは下落:原油価格は、OPEC+が減産延長を計画しているとの報道を受け、火曜日に上昇した。しかし、米国の成長率が下方修正され、需要に対する懸念が高まったため、木曜日には上昇幅が逆転した。WTIは77.00ドルまで下落し、2か月連続の下落となった。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.