ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / Weekly Market Recap – 米国の企業活動が2年ぶりの高水準に
25 6月 2024 | FXGT.com

Weekly Market Recap – 米国の企業活動が2年ぶりの高水準に

  • S&P 500種指数は3週連続の勝ち越し:ウォール街の強気相場は木曜日と金曜日に失速したが、S&P500種株価指数は金曜日に3週連続の上昇を記録した。週間では、S&P500は0.6%上昇、ダウ・ジョーンズは1.5%上昇、ナスダック100は0.5%上昇した。この週のハイライトは、チップメーカーのNvidiaが時価総額で世界最大の上場企業となったことだ。
  • 米国の企業活動が2年ぶりの高水準に:6月のS&P総合PMIは54.6に上昇し、米国の企業活動は2年ぶりの高水準に達した。企業は旺盛な需要とインフレ圧力の冷え込みを報告し、経済の勢いが強いことを示した。
  • イングランド銀行は金利を据え置き:イングランド銀行は、インフレ率が目標の2%まで緩和したにもかかわらず、主要金利を16年ぶりの高水準である5.25%に据え置いた。金融政策委員会の7人の委員が金利の据え置きに賛成し、2人が5%への引き下げを支持した。一部の委員は、今回の決定はバランスが取れており、今年中に借入コストを引き下げる方向に向かう可能性を示していると指摘した。
  • スイス国立銀行が再び利下げ:スイス国立銀行は2会合連続で金利を4分の1ポイント引き下げ、政策金利を1.25%に引き下げた。付随する声明文では、インフレ圧力は前期より低下していると指摘した。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.