ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / WTI原油先物、供給途絶懸念で82ドルに到達
26 3月 2024 | FXGT.com

WTI原油先物、供給途絶懸念で82ドルに到達

  • WTI原油先物のモメンタム増加: WTI原油先物は、継続する供給懸念によって上昇し、1バレルあたり82ドルに到達。この強気の勢いは、供給途絶に対する市場の敏感さを浮き彫りにしている。
  • ウクライナ攻撃の影響:ウクライナによるロシア製油所への攻撃により、ロシアの石油精製能力の約12%が損なわれ、世界の石油市場に供給サイドからの圧力が加わっている。
  • ロシアの減産: OPECの合意に基づき、ロシアは石油会社に対し、2月の生産量一日当たり約950万バレルに続き、第2四半期の生産量を一日当たり900万バレルに縮小するよう義務付け。本決定は、ロシアの石油施設を標的としたドローン攻撃を受けたもの。
  • 中東の緊張: 国連安全保障理事会がイスラエルとハマスの停戦を提唱する決議を行ったにもかかわらず、石油供給の継続に不可欠な紅海航路に対するフーシ派の攻撃を阻止する効果については懐疑的な見方が残っている。現在も続く紛争は、原油価格に地政学的リスクプレミアムをもたらしている。
  • OPEC+の供給政策: 報道によると、OPEC+は現在の石油供給政策に変更は必要ないと考えており、彼らの措置が効果的に供給過剰を防いでいることを示唆している。
  • 今後のOPEC+会合: OPEC+の代表者は来週会合を開き、昨年末に開始された6月末までの減産合意の進捗状況と影響を確認する予定。
  • 米ドル安が原油価格をサポート: 米ドルのわずかな下落は、他通貨を保有する人々にとって原油を安くし、需要を押し上げる可能性があるため、原油価格をある程度下支えする。
  • 米国のインフレデータに対する市場の期待: 投資家は現在、金曜日に発表される米国のインフレデータを注視。このデータから、予想される米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ時期に関する新たな洞察が得られると期待されている。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。
カテゴリ
タグ
登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
前の記事 次の記事
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.