ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 豪ドル、弱いGDPを克服、好調な中国データに後押しされる
5 6月 2024 | FXGT.com

豪ドル、弱いGDPを克服、好調な中国データに後押しされる

AUD/USDは堅調に推移:AUD/USDは、国内経済データが市場が懸念していたほど期待外れではなかったことから、0.665ドル近辺で堅調に推移した。GDP成長率は予想を下回ったものの、経済が完全に縮小することは避けられたため、安堵感が広がった。

GDP成長率は予想に届かず:オーストラリア第1四半期のGDP成長率は前期比0.1%増と前期の0.3%増から低下し、コンセンサス予想の0.2%増を下回った。この結果、前期比成長率は1.6%から1.1%に低下し、予想の1.2%を下回った。成長率は鈍化したものの、経済が縮小しなかったことは豪ドルの支援材料となった。

中国経済データの影響:豪ドルの回復力の一因は、オーストラリアの最大の貿易相手国である中国の経済データの改善にある。中国の5月のCaixin総合PMIは54.1と12か月ぶりの高水準に上昇し、CaixinサービスPMIが54.0と2023年7月以来の高水準に上昇したことが牽引した。製造業PMIも2年ぶりの高水準となった。

市場の反応:中国経済の好結果は、オーストラリアのGDPの弱い数値の影響を相殺し、豪ドルを下支えした。中国経済、特にサービス業と製造業の好調に市場が注目したことが豪ドルの下支えとなった。

RBA総裁は慎重:ミシェル・ブロックRBA総裁は、最近のGDPデータが予想より弱いものであったことを認めた。同総裁はまた、労働市場に緩和の兆しがあることを認識する一方、インフレが高止まりしている場合にはRBAが行動を起こす用意があることを繰り返し強調した。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.