ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / 堅調な米雇用統計とFRBの思惑でビットコインの値動きが停滞
11 6月 2024 | FXGT.com

堅調な米雇用統計とFRBの思惑でビットコインの値動きが停滞

  • ビットコインの最近のパフォーマンス:ビットコインは先週1週間で1.5%下落したが、中期的には横ばい状態が続く。金曜日に強い米雇用統計が発表され、9月のFRB利下げの可能性が低下したため、最近の上昇相場は勢いを失った。これが暗号通貨の下落につながり、ビットコインは72,000ドルを突破しようとした後、3%以上下落した。
  • 調整局面:この2週間、横ばいの動きが続いており、66,300ドルがサポート、71,500ドルがレジスタンスとなっている。このレジスタンスレベルは5月中旬以降に確立されたものだが、NFP統計後の金曜日に再び拒否され、調整局面が拡大した。ボラティリティは3か月ぶりの低水準まで低下し、日足でのアベレージ・トゥルー・レンジ (ATR)は3月の高値4,800ドルから1,700ドルを割り込んだ。
  • 主要な抵抗線:71,500ドルと史上最高値の73,800ドルの間の抵抗帯は依然として重要で、さらなる上昇を妨げている。このエリアを突破すれば、長期上昇トレンドの継続を示唆し、暗号通貨の長期上昇につながる可能性がある。
  • 重要なサポート:66,300ドルの調整エリア下限は45日EMAと重なり、強気の勢いを支えている。66,300ドル以上を維持することで、強気見通しが維持される。しかし、この水準を割り込み、日足終値がこの水準を下回れば、市場心理は弱気に転じ、60,000ドルの心理的サポート水準に注目が集まるだろう。
  • 66,300ドルの強気の可能性:66,300ドルの再トライは、強い買い意欲を誘発することで、その重要性を浮き彫りにする可能性がある。重要なサポートレベルであるため、強気パターンで示されるテストと拒否が成功すれば、サポートが強化され、強気の勢いが再燃し、より多くの買い手が集まり、価格が上昇する可能性がある。
  • 連邦準備制度理事会(FRB)の政策の影響:米連邦準備制度理事会(FRB)の政策決定への期待が引き続き市場の動きに影響を与える。投資家は、今後発表される米国のインフレデータと水曜日に開催される連邦準備制度理事会(FRB)の政策決定会合を注視しており、市場センチメントとビットコインの価格軌道にさらなる影響を与える可能性がある。

BTC日足チャート

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.