ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / Crypto News Catchup – ビットコインETFの急騰、ヘッジファンドのショート、規制シフトが暗号通貨情勢を動かす
11 6月 2024 | FXGT.com

Crypto News Catchup – ビットコインETFの急騰、ヘッジファンドのショート、規制シフトが暗号通貨情勢を動かす

  • ビットコインETFは1週間で2か月分のビットコインマイニング供給量を吸収し、市場に大きな影響を与えた。この需要の流入が強気心理を後押ししている。ETFによる急速な蓄積は、機関投資家の関心の高まりを浮き彫りにしており、ビットコイン価格の大幅な上昇圧力に貢献する可能性がある。
  • ビットコインETFの人気が高まっているにもかかわらず、ヘッジファンドはビットコインETFを空売りする傾向が強まっている。この傾向は、ビットコインETFの需要を牽引する強気な投資家と、それに賭ける弱気なヘッジファンドとの間で進行中の戦いを浮き彫りにしている。市場心理の乖離は、より広範な不確実性とビットコインの将来の値動きに対する見解の相違を反映している。
  • SECのゲーリー・ゲンスラー委員長は、イーサリアムETFのローンチはSECではなく発行機関次第であることを示した。SECはそのような申請を正式には承認していないが、ETFのローンチへの道はETFを提案する金融機関次第である。ゲンスラー氏の発言は、発行機関が既存の規制の枠組みに確実に準拠する責任を強調している。
  • フランクリン・テンプルトンは、イーサリアムETFの承認が予想されることを受け、アルトコインに特化した新しい暗号ファンドのローンチを準備している。このファンドは様々なアルトコインを対象とし、投資家に新興暗号資産や革新的なブロックチェーン・プロジェクトへのエクスポージャーを提供する。
  • アラブ首長国連邦は、ステーブルコイン発行者のライセンス制度を導入し、その業務を規制・監督することを目指している。この枠組みは、ステーブルコイン・プロバイダーが厳格なガイドラインを遵守することを保証し、デジタル資産市場の透明性と安全性を促進する。このイニシアチブは、UAEを暗号通貨とブロックチェーン技術の世界的ハブとして位置づけ、投資家の信頼と市場の整合性を高めるというUAEの広範な戦略の一環である。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.