ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / 仮想通貨ニュースのまとめ – テザーが純利益の15%をビットコインに投資する計画を発表
3 4月 2024 | FXGT.com

仮想通貨ニュースのまとめ – テザーが純利益の15%をビットコインに投資する計画を発表

  • ブラックロックが新たに立ち上げたイーサリアムベースのトークン化ファンドBUIDLは、最初の1週間で2億4500万ドルを集め、旺盛な需要を示した。米国債のトークン化に特化した本ファンドは、フランクリン・テンプルトンが提供するファンドに僅差で続き、現在市場第2位にランクイン。この急増は、現実世界の資産をトークン化することへの関心と可能性が高まっていることを強調するものであり、大手金融機関は伝統的な金融商品のブロックチェーン技術を模索している。
  • テザーは最近、8,888ビットコイン(6億1,800万ドル相当)を取得し、保有ビットコインを75,354枚に増やした。この購入により、テザーは世界第7位のビットコイン保有者となった。さらに、テザーは純利益の15%をビットコインに投資する計画を発表しており、ステーブルコインの裏付け資産をさらに多様化している。
  • 中国政府は、Conflux Networkと共同で「Ultra-Large Scale Blockchain Infrastructure Platform for the Belt and Road Initiative(一帯一路構想のための超大規模ブロックチェーン基盤プラットフォーム)」と名付けられたパブリックブロックチェーンのインフラプラットフォームを立ち上げた。このプラットフォームは、アプリケーション開発のためのパブリックブロックチェーン基盤を提供することで、国境を越えた協力プロジェクトを支援することを目的としている。仮想通通貨に対する中国の制限的なスタンスにもかかわらず、このイニシアチブは、国際協力プロジェクトにブロックチェーン技術を採用するための重要な動きを示している。
  • Grayscale Investmentsは、仮想通貨トークンからのステーキング報酬の活用に関心のある洗練された投資家を対象とした新しい投資手段であるダイナミック・インカム・ファンドを発表した。同ファンドは、ステーキング報酬を毎週米ドルに変換し、四半期ごとに分配する計画だ。このファンドは、Osmosis、Solana、Polkadotのようなトークンのステーキング効果を優先し、資本成長を考慮しながら、ステーキング収入を最大化することに重点を置く。
  • ARK 21Shares Bitcoin ETFは、ビットコイン価格が72,000ドルに迫る中、1日平均を大幅に上回る2億180万ドルの資金流入を記録した。これは通常の流入額の約4倍増であり、市場価格が変動する中、ETFを通じたビットコインに対する投資家の関心が高まっていることを示した。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。
カテゴリ
タグ
登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

Copied to clipboard
前の記事
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.