ホーム / ブログ / カテゴリー / テクニカル分析 / テクニカル概要- ビットコインの価格停滞
3 4月 2024 | FXGT.com

テクニカル概要- ビットコインの価格停滞

ビットコインの価格停滞:先週のビットコインの価格はほぼ安定しており、史上最高値に挑戦するために72,000ドルの大台を超えるのに苦労した。今週初めに68,000ドルを下回ったことで、それまで強気だった勢いが弱まり、短期的な見通しは中立的となった。

短期的な統合の可能性:68,000ドルを割り込んだことで、市場参加者はビットコインの半減期の影響を検討するため、横ばい状態が続く可能性がある。仮想通貨の世界では統合期間は一般的であり、より大きな方向性のある動きの前兆となることが多い。これは、次の上昇に先行する上昇局面の可能性を示唆している可能性がある。

強気トレンドの条件:最近の変動にもかかわらず、ビットコインの市場見通しは、価格が61,000ドルのサポートレベルより上にとどまる限り、依然として強気である。この重要な閾値は、潜在的な上昇のための基盤として機能する。強気の勢いを再燃させるには、68,000ドルを上回る動きが不可欠であり、一方、64,000ドルを下回れば、さらなる弱さを示す可能性がある。

重要なサポート閾値:61,000ドルの閾値を割り込むと、ビットコインの市場ダイナミクスが大きく変化し、日足で弱気トレンドの反転パターンを示唆する。このような展開は修正局面を引き起こし、市場ダイナミクスを優勢な強気センチメントから遠ざけ、次の主要な心理的サポートゾーンとして50,000ドルレベルに焦点を移す可能性がある。

ビットコイン日足チャート

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。
カテゴリ
タグ
登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.