ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / ECB利下げ後のユーロは上昇を維持、米非農業部門雇用者数に注目
7 6月 2024 | FXGT.com

ECB利下げ後のユーロは上昇を維持、米非農業部門雇用者数に注目

ECBの決定:欧州中央銀行(ECB)が待望の25bpの利下げを実施した後、ユーロは1.0880ドル以上のポジションを維持した。しかし、ECBのスタッフ予測によると、インフレ率は2025年後半まで目標の2%を上回る可能性が高く、追加緩和への意欲は弱まっている。

インフレ率と成長率の改定: 最新の予測では、2024年のインフレ率と成長率が上方修正された。2026年の中期インフレ率は1.9%に据え置かれ、期待値を維持した。2024年のGDPは0.6%から0.9%に修正され、5四半期にわたる停滞の後の潜在的な景気回復を示唆した。

市場の反応:金融市場は、ECBの経済見通しの修正を反映し、将来の利下げ観測を後退させた。この変化は、予想を上回った米新規失業保険申請件数と相まって、EUR/USDの上昇につながった。

米雇用統計:4月の新規求人・離職動向調査(JOLTS)は805万9,000人で、3月の835万人を下回った。ADPの5月新規民間雇用者数は15万2000人と予想の17万3000人を下回り、新規失業保険申請件数は22万9000件と予想の22万件を上回った。

弱い米マクロデータが利下げ観測を煽る: 一連の期待外れの経済データが、FRBが今年中に4分の1ポイントの利下げを2回実施するのではないかという観測を煽った。投資家たちは、この後発表される非農業部門雇用者数が予想を下回る可能性があり、雇用者数が予想の18万5,000人を下回る可能性があると予想している。

市場はFRBによる利下げの可能性を織り込んでいる:連邦公開市場委員会(FOMC)は次回会合でいかなる変更も行わないと予想されているが、市場は現在、12月末までに合計50ベーシスポイントの利下げを織り込んでいる。最初の利下げは9月が有力視されている。

米雇用統計に注目:次回の米雇用統計は、米連邦準備制度理事会(FRB)の次回会合での金利決定に大きな影響を与える可能性がある。予想を上回る強い内容であれば利下げが遅れる可能性があり、期待外れの内容であれば9月の利下げの可能性が高まり、現在、市場では70%近くが織り込み済みである。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.