ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / USD/CADはBoCの利下げと好調な米ISMサービス業PMIに反応
6 6月 2024 | FXGT.com

USD/CADはBoCの利下げと好調な米ISMサービス業PMIに反応

カナダ中銀が利下げ:カナダ中銀(BoC)は、インフレ率が低下傾向にあるとの見方を強め、6月の会合で政策金利を25bp引き下げ、4.75%とした。これは2020年3月以来の利下げであり、現在の経済状況への慎重な対応を反映している。

カナダ経済データ:利下げの決定は、失業率の上昇と、第1四半期に改善がみられたにもかかわらずGDP成長率が低水準であったことに影響され、低成長とインフレの組み合わせと失業率の上昇が浮き彫りになった。

マクレム総裁の発言:ティフ・マクレム総裁は、BoCの慎重なアプローチを強調し、インフレが緩和を続ければ、さらなる利下げは徐々に行われると指摘した。同総裁は、高い住宅ローンコストにもかかわらず、カナダ経済はソフトランディングを経験する可能性が高いことを認め、米連邦準備制度理事会(FRB)の政策から過度に乖離することの限界を強調した。

金利差:今回の金利引き下げにより、BoCと米連邦準備制度理事会(FRB)の金利差は拡大した。米国の高い金利は外国資本を引き付け、米ドルに利益をもたらし、USD/CADを支えている。

カナダドルの反応:利下げ後、カナダドルはほとんどの主要通貨に対して弱含み、特にUSD/CADペアは利下げ決定後に上昇した。この動きは、予想より強い米ISMサービス業PMIデータによってさらに後押しされ、米ドルを押し上げた。しかし、発表後、カナダドルは原油価格の回復に支えられ、2回目の上昇幅を拡大した。

米経済データ:米国供給管理協会(ISM)が発表した5月のサービス部門PMIは、カナダ経済の課題に対する米国経済の強さを反映し、回復した。ISMサービス業PMIは、4月の49.4から53.8に上昇し、予想の50.8を上回った。これは、月曜日に発表されたISM製造業PMIが製造業の縮小を示したのとは対照的であった。サービス部門の底堅さは、米国経済の混在したシグナルを浮き彫りにしている。

今後の労働市場データ:投資家の関心は、金曜日に発表されるカナダと米国の労働市場データに移っている。5月の米非農業部門雇用者数(NFP)は、新規雇用者数が前回の17.5万人から18.5万人に増加すると予想されている。米雇用統計は、米利下げ観測を形成する上で極めて重要である。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.